「何も悪いことや、気に障るようなことも言っていないのに何故か同僚の女性からの当たりがキツイ」と感じたことはありませんか?

相手の女性同僚があなたに嫉妬をしているからだとしたら・・・

あなたはどうしますか?あなたが嫉妬をされるには、相手にしか分からない何か理由があります。相手はあなたのどんな部分に嫉妬をしているのか、またその嫉妬にはどう対処をすれば良いのかをご紹介します。

何故女性同僚は嫉妬をするのか

女性同僚に嫉妬された時の対策

嫉妬は女性だけがするものではありません。もちろん男性もするものですが、男性よりも女性の方が嫉妬深いのは確かです。

しかも、女性が女性に対する嫉妬は同じ女性としてタチが悪く精神的にもダメージを与えるほどです。では、どんな時に嫉妬をしるのかを見ていきましょう。

男性にモテるから

女性の嫉妬をする原因のトップともいわれるものです。しかし、女性がモテることは自分でコントロールできることではありません。これが男性との違いで、同じ自分磨きをしても男性と女性は全く異なるのです。

そのために、意識をしているわけでもないのに男性からモテる女性は他の女性からの嫉妬の対象となるのです。もともと持っている素質の問題なので変えようのないことだからこそ相手も嫉妬をしてしまうのでしょう。

周りの評判が良い

あなたの評判が良くて、相手は悪い評判というわけでもないのにその評判が気に入らず、「何故自分は周りのために頑張っているのにあの人の影に隠れてしまうのだろう?」と心の内でそんなことばかり考えています。

こちらは、相手よりも自分の評価を上げたいなどとみじんにも思っていないのに嫉妬されるということは、相手は打算的な思考を持っているということでしょうか。

何かあっても助けてくれる人がいる

いわゆる「人望の厚さ」もしくは「信頼度」です。特に仕事面には目立ってきます。周りの人が何か困っている時は、見返りなどを一切考えることなく救いの手を差し伸べることが出来ます。

その為に何か困っていても周りは何のためらいもなく救いの手を差し伸べてくれます。そんな光景を相手は良く見えないのでしょう。

しかし、そんな女性同僚は周りをさほど信用しておらず困った時は利用するという考えでいますから、相手に手をさしのべることがあっても助けてもらうことがないので嫉妬の念が強いのです。

見た目や学歴が良い

これも、先天的な要素であってどうしようもないことです。見た目に嫉妬をする女性は、自分の見た目が良くないと口ではなく態度で語っているようなものです。

学歴も同様に、その人が何もせずに学業の成績が良いと勘違いしている人が嫉妬をするのです。学歴の裏側にある見えないところでの努力を知ろうともしない哀れな人が勝手な思い込みをするのです。

嫉妬を上手く避ける方法

嫉妬は、まともに相手をするほど馬鹿らしいものはありません。うまくかわすように避けるのが一番の得策です。では、どのように避けるのかをご紹介します。

受け流す

相手の嫉妬を真正面から受け止めずうまく受け流しましょう。真正面から受け止めるから、相手はどんどん付け上がってくるしこちらも精神的に疲れてくるのです。

相手を拍子抜けさせることが効果があるので、「へぇ~」や「そうなんですか~」といった具合にうまくかわしましょう。

手柄は相手に譲る

あえて手柄を相手に譲ることで、相手を浮かれさせるのも一つの手です。しかし、周りはあなたのおかげだと分かってくれています。

相手を上げるだけ上げさせるのも良いでしょう。落とすことはいつでも簡単にできるので気分よく泳がせてあげましょう。そうすれば、相手の嫉妬も薄れてくることもあります。