あまり考えにくいことではありますが、上司が部下に好意を持つということもまれにあります。これは仕事上お気に入りの部下という意味でもあります。

年下部下に好意を持つ女性上司は

恋愛感情を持ったこういでもあり年下男性がタイプの女性もいるということです。では、女性上司はどんな男性部下に好意を持つのでしょうか。

顔がタイプ

人間の本能ともいえる人は見た目で判断するという意味で、年上でもある女性上司でも相手が年下の男性でも顔がタイプなら好意を抱く対象になります。

年齢に関係なく女性なら当然です。上司でも好きなタイプはいますし、相手は年上であろうが歳下であろうが関係ありません。面くいな女性上司も意外と多くいます。

素直な性格

指示した通りに動いてくれる、または教えたとおりに仕事をこなしてくれる部下は上司に凄く好かれます。しかし、それは恋愛的感情ではなく戦力になる部下として好かれるということです。

その上司には恋愛的に好かれなくても、その素直さを貫いていれば上司の知り合いの女性を紹介してくれることもあるかもしれません。その素直さはなくさない方が良いとアドバイスしてあげた方が良いでしょう。

守ってあげたくなる

近年ジャニーズファンの高齢化で、今も現役のファンは何故ファンを続けているのかという質問に対し「守ってあげたくなるから」と答える方が多かったです。

これと同じケースで言うならば、女性上司はまだまだ若く粗削りな部下を守ってあげたくなる衝動に駆られるのでしょう。そこには、恋愛感情といったものではなく母性本能をくすぐられる人がいる女性もいるということです。

年下部下が甘え上手

年下でもあり部下でもある年下の男性は、特に女性の上司には甘え上手な一面があることが多いです。どちらかというと甘えやすいといった方が良いかもしれません。この場合、別の言い方をすればずる賢いとも言えます。

男性は、男性によりも女性に甘えやすいものです。逆もしかりですが、その甘えが女性にある母性本能をくすぐるのでしょう。

甘え上手ということは、上司との良い人間関係が築きやすく良い仕事をたくさん振ってこられる場合もあるのです。つまり甘え上手は世渡り上手でもあります。

女性上司と年下男性の恋愛はアリ?

年下部下に好意を持つ女性上司

周りから見ると、女性上司と部下である年下の男性との恋愛は不自然に見えます。違う言い方をすれば、不釣り合いにも見えます。いかにも尻にしかれそうに見えるし、男性がひたすらに苦労をしそうに見えます。

実際、恋愛関係になったとしても年下男性は女性上司をリードすることはあまりなく、仕事の延長の関係のままでいる可能性が高いです。ありかなしかで言えばありかもしれませんが、実慣れるまでは結構時間がかかりそうです。

女性の上司と付き合うと

職場では立場が女性の上司の方が上なので仕事中などはイライラしたり疲れたりする事も男性側は多くなります。男性はプライドが高い人が多いので社内恋愛は難しい可能性が高いです。

しかし、二人きりになり上司だった女性が自分の彼女となると逆に興奮したりもします。職場で見せない姿を自分だけが見れる、職場と逆で今度は自分の番などと思う事が出来るから興奮します。ただし二人の時も立場が変わらないと男は疲れてしまいます。

女性上司に好かれる男性の心境

実際、女性上司に好かれることについて年下の男性はどう思っているのでしょうか。

  • 年上の大人の女性に好かれることは嬉しいが、上司だから恋愛にまでは気持ちが進まない
  • 恋愛というよりも、仕事上の関係として好かれるだけで十分

というように、やはり上司という立場が恋愛までいかなくさせています。男性は、女性を守ってあげたい立場にいたいので、これだと立場がどうしても逆でいることから好かれることは良くても自分が守ってあげなくても強い女性とみなしてしまいます。

女性上司に好かれるために年下男性がやっていること

男性上司は、決してルックスや甘えだけですかれているわけではありません。他にも、こまめに報連相をしながら雑談を交わし上司の悩みや考えを聞いてあげることもしています。

時には年下ながらも男らしい決断をすることで上司にグッとくるアピールをしています。上司に好かれることは良いことです。そこから職場での恋愛に発展する女性上司と年下男性のカップルを見てみたいですね。