自分にはついつい甘くなってしまう、そんな女性はたくさんいると思います。自分を守るため、傷つきたくないため、といろいろな思いから自分に甘くなっていませんか?

それでもこれではいけない!変わりたい!と思う気持ちがあれば、きっと変わることができます。今回は、そんな自分に甘い人間の特徴に当てはまるか?診断するための7つの項目と改善方法を紹介します。あなたは何個当てはまりますか?

スポンサーリンク

1.まぁいいか、が口癖

何か自分の気持ちと反することが起こったとき、一瞬がっかりするのですが、すぐにまぁいいか、と諦めていませんか?自分に甘い人間は、自分の力で乗り越えようと努力することをせずに、その状況をすぐに受け入れてしまいます。

流れに逆らわず、自然に受け入れる器があるように見えるのですが、自分に対しての厳しさを持っておらず、甘えている場合が殆どです。

そんな人は少し踏みとどまる意識を持って、その状況を回避する努力をしてみましょう。まぁいいか、と逃げていたのが、よしできた!に変わりますよ。

2.美味しいものを食べ過ぎてしまう

身体のためを思うと腹八分目にしておくのがいいと分かっているのですが、ついついお腹いっぱいまで食べ過ぎていませんか?自分に甘い人間は、自分を厳しく律することが苦手なため、すぐに欲望に負けてしまいます。

食べたい気持ちをコントロールできずに、後で後悔すると分かっていても食べてしまいます。そんな人は、食べたいと思ったときに、一呼吸置くゆとりを持ってみてください。

いま本当にまだお腹が空いているのか?頭で食べたいと思っているだけではないのか?と考えて、少し時間をあけるとお腹が膨れてきて満腹感を感じます。ダイエットにいつも失敗している方は、ゆっくり食べるだけで効果がありますよ。

人間の脳は油ものを食べた時に、強烈な快感を感じていると言われています。食べ過ぎを自制するということは、一般的に思われているより、簡単なことではありません。

いつの時代も世の中に様々なダイエット法があふれているのも、そのような理由からです。そんな時は、好きな人のことを思い浮かべるのもいい方法です。恋をとるか?食欲をとるか?自分の心に訴えてみてください。

3.努力することをすぐにやめてしまう

資格試験にチャレンジしようとしてもすぐに挫折したり、毎日運動をしようとランニングを始めても三日坊主で終わることがありませんか?

努力をすることは、時に苦痛を伴います。勉強が思うようにはかどらなかったり、ランニングなら疲れてきて歩きたくなったりします。そんな時、もういいや、と諦めてやめてしまうのが自分に甘い人間です。

まず一つ小さな目標を見つけてみましょう。試験勉強なら、一つの単元が終わったら、小テストをしてみます。そして分からないところだけ、もう一度勉強します。分かるようになると面白くなってきて、続けられるものです。

ランニングの場合は、お気に入りのシューズやウェアを揃えてみましょう。気分が上がって、続けられます。このように、何か一工夫するだけで、自分の甘さを補うことができるのです。

スポンサーリンク