美容師に恋をしたことがある人って、意外に多いのではないでしょうか?それだけ美容師は人気があり、競争率が高いです。そんな人気職業の彼への片思いを実らせたいけど、きかっけが・・。

今回はそんな女性に知っておいてほしい、美容師の彼への片思いを実らせるきっかけ作りとその準備を紹介します。

1.美容師は“美”を意識するお仕事だと理解する

美容師は見られる仕事であり、また“美”を作り上げるお仕事です。そんなこともあってか、ダサい美容師の方ってあまり見かけませんよね?美容師は“美”を意識するお仕事なので、流行の髪型やファッションにとても敏感です。

ファッション雑誌を見て勉強していたり、トレンドをいち早くチェックしていたり・・。お客の美の要求に応えなければならないため、常日ごろ努力していることでしょう。

そんな彼らなら、もちろん美しいものが好きな方が多いはず。見た目の美しさだけでは・・と良く言いますが、しっかりとした身なりをしていない女性に魅力を感じることはないでしょう。外見を磨くことを決して怠らないことです。

2.彼のファッションセンスに共感する

お気に入りの美容師のファッションを研究して、それに似合うファッションに近づくのも、恋を勝ち取る一つの方法です。美意識が高い男性なら、ファッションセンスが合わない彼女を連れて歩きたいとは思いませんからね。

ただ、彼が個性的なファッションをしているからと言って、あなたがとにかくそのように近づければ良いというわけではありません。

そんな時は、彼に直接「○○さんって、本当にオシャレですよね。どこのブランド着てるんですか?」など、彼のファッションにも興味があるアピールをしてください。自分のファッションを変えなくても、「俺のセンスに共感してくれるんだ!」と思わせればOKです。

3.他のお客さんに嫉妬しない

美容師のお客様は、もちろんあなた一人だけではありません。他にもお客様を相手するわけですから、あなた以外の女性と楽しく会話している姿を目撃することもあるでしょう。しかし、彼は仕事中です。

他の女性客との会話や接客を気にすることありません。ライバルが多くて、あなたの態度もギラギラしているようでは、彼もお仕事がしにくいですし、ストーカーだと思われかねません。他のお客さんに嫉妬しているようでは、プライベートどころか客としても嫌がられることでしょう。

4.良いお客さんになる

頻繁に彼の働く美容院に通うことで、お店の売り上げにしっかり貢献する・・という意味ではありません。確かに頻繁に通えば、その分会話も沢山できるでしょう。プライベートの話もできるはずです。しかし、その関係が彼の頭の中で完全に定着してしまっては、恋に発展することはないでしょう。

良いお客さんになるということは、感謝を伝えるということです。例えば、「かわいい髪形にしてくれてありがとうございます!」と毎回帰り際に伝えたり、軽いマッサージをしてくれた時も、鏡越しに彼を見ながら笑顔で感謝を伝えましょう。

美容師は女性の髪に触れたりサービスでマッサージを行うため、相手に嫌悪感を抱かれないような高いレベルの接客を心得ています。しかし、こっちはお金を払っているから当然だと、ほぼすべての女性が考えているのではないでしょうか?

そんな状況の中、彼が高いレベルの接客にストレートに感謝されることは、意外に珍しいことかもしれません。この行為は、自分の仕事を認めてもらえたことに直結して、彼に好印象を与えるでしょう。