恋愛する相手としては魅力的だけど、結婚相手としはて適していない・・。そんな男性は身近にいませんか?仕事も遊びも一生懸命で情熱的、年上なのに子供っぽさも残る男性、すごく魅力的ですよね。

そんな男性とずっと一緒にいれたら、どんなに楽しいだろう・・と女性の母性本能をくすぐられるでしょう。しかし、本当に自分の人生を預けることが出来る器をもっているか?冷静になって考えてみましょう。

もしかすると、相手は大人の毛皮で身を包んだだけのネバーランドから旅立つことを諦めたお子様かも知れません・・。

スポンサーリンク

見落としがちなファザーコンプレックス

子供のまま心の成長をストップしている男性がいます。その特徴の一つに、いつまでたっても父親に逆らえず、その背中を超えることができない絶対的な存在として父親がいます。

結婚相手として考える時、よく耳にするのが母親の存在です。いわゆるマザコンですね。女性なら一度は、彼氏と母親の関係に疑問を抱き、不安になった経験があるのではないでしょうか?結婚後も自分の一番の味方でいてほしい、そう願うのは当然です。

実際のところ、男性にとっては生まれた瞬間から母親に頼らなければ生きてはいけません。ましてや、それが初の異性となり、良くも悪くもその後の人生に影響を与える存在であることは間違いありません。

しかし、気にしなければいけないのは母親だけではありません。彼と父親の関係は、見過ごしてはいけない重要なポイントになります。

子供っぽい男は、中学~高校卒業位の間にその人格が形成され、心の成長がストップしてしまいます。その多感な時期に父親とどういった関係を築けるか?その後の人生に大きく影響を与えてしまうのです。

精神的な抑圧が優柔不断な子供っぽい男を誕生させる

先に述べた父親に逆らえないというのは、暴力的な抑圧を受けた環境ではなく、精神的な抑圧を意味します。失敗や経験を積みながら青春時代を過ごすことで自我を育てることができます。それが大人になる過程で、一つ一つの壁を自分で乗り越えていく強さへと繋がるのです。

しかし、この大事な少年期の間に、もし自我を育てることができない環境だったら・・成人しても大事な場面で自分で判断できない優柔不断さが残るでしょう。

この様な場合、両親の期待を受けやすい長男である傾向が強く、両親の関係も母親が専業主婦であるなど、父親の権限が強い家庭に起こりがちです。

これをしてはダメ、あれをしてはダメ、と子供の素直な欲求を押し込め、勉強やスポーツなど目に見える結果で子供に評価を下しがちです。

子供に余計な経験を積ませることを嫌い、人生の最短ルートを歩かせたがる結果、形に残る学校の成績や部活動など父親の評価を受けることができる目標に向けては、頑張れるようになります。

しかし、目に見えない問題や人とのコミュニケーションにおいて問題が発生した時、大人になっても自分で解決する術を持たない子供っぽい男が誕生してしまうのです。

理想の男性と巡りあえたと思っていたら、父親の意見のもと二世帯住宅に住む羽目になった・・。仕事を転職してでも彼の実家がある地方へ引き上げることになった・・。大きな転機を迎える時、そこにあなたの意見は反映されないでしょう。

スポンサーリンク