大切な親友の元彼に告白された経験はありませんか?まるで少女漫画のような展開ですが、少女漫画のようにきれいに終わることはまずありえないでしょう。

友人の元彼に告白されたとなると、あなたも非常に気まずいですよね。しかし、告白されてしまったものは仕方がありません。大切なのはあなたがどうしたいかです。今回はあなたの気持ちに沿って2パターンの対処法を紹介します。

あなたが彼の事を好きではない場合

あなたが彼のことを好きでない場合は簡単ですよね。断ればいいだけなのですが、その断り方に少し気を付けたほうが良いかもしれません。

友達の元彼ということで、面倒な人間関係が絡み合っています。断り方が悪いと、その男性があなたに振られた腹いせに復讐を考えるかもしれません。

あなたの友達に「あなたにしつこく告白されて困っている」と、あることないこと周りに言いふらされたらたまりません。極力相手のプライドを傷つけないように上手に断りましょう。

1.相手の事を否定しない

相手の人格を否定することは絶対にしないでください。相手に興味がないと伝えることは必要ですが、「あなたの○○なところが無理!」などと具体的に指摘することはやめましょう。

傷つきやすい男性は、不要な指摘をしてきたあなたに対して、怒りを感じるかもしれません。お断りするなら意志はハッキリ、しかしやんわりと伝えましょう。

例えば、「正直びっくりした。気持ちは嬉しいけど、そういう対象として見れないので付き合えません。ごめんなさい。」など、丁寧に具体的な指摘をせず、やんわり断ってください。

2.友人に悪いから・・と言わない

断るときに「友達の○○に悪いから・・」というワードは絶対に使ってはいけません。何故なら自分が原因ではなく、友人の元彼だから断られたと勘違いしてしまうからです。

「それならまだ見込みがあるのでは?」と、ポジティブに考える男性もいます。そうなると彼も心の整理ができないので、断るときは友達の元彼という理由を絶対に使わないでください。

3.曖昧にしない

とにかく友達の元彼に告白されたら速やかに断ってください。回答を曖昧にしてしまうと、彼はあなたのことを諦めずに想い続けます。そうなると必ず友人の耳にも入るので、友人との関係性にもヒビが入ってしまうかもしれません。

いくら別れたからと言って、一度想いが通じ合った仲です。自分以外の・・しかも、友人となると彼女も良い気はしないでしょう。

4.きちんと友人に報告しておく

まず友達の元彼から告白されたら、第一にその友人にきちんと報告しておきましょう。第三者から彼女に伝わってしまうと、ひどく傷つく可能性があるからです。