(今回は性嫌悪の女性と付き合って、プラトニックな関係を続けた男性の体験談を紹介します。一年以上付き合った男性の本音とは・・)

これは私が大学生だったときの話です。私には付き合っていた女性がいました。しかし、愛していたのに、私の心はどんどん彼女から離れていってしまいました。

これは私が本能と理性の間で悩み続けた話です。あなたのまわりにも私と同じような経験をした方がいるかもしれませんね。

私の好きになった女性は、明るくて元気がよく、まわりにいる人を笑顔にさせるような方でした。私もそんなところに魅せられて、彼女に心を寄せていた一人です。

彼女と一緒にお酒を飲みにいく機会があり、そこで私は思い切って告白をしました。彼女は付き合うことを承諾してくれたのです。当時は幸せの絶頂で、将来あんなことになるとは夢にも思いませんでした・・。

スポンサーリンク

自分だけが悪いと思っていた

付き合ってから2~3か月経ち、私はそろそろ身体の関係を持ちたいと思い始めました。そこで私は彼女を思い切って自宅に誘い、一緒にベッドで寝ようとしました。しかし、そこで私は大きなショックを受けることになったのです。

まだ何もしていないのに、彼女は涙を流していたのです。私は動揺してどうしていいかわからなくなってしまいました。彼女は泣き止むと、自分から口を開いてくれました。

あなたのことは好きだけれど、性に関することが全てとても怖い。触れられることさえためらってしまう、と。その時の私は、この子にとってこういうことをするには、付き合ってから早すぎたんだなと思っていました。

私のせいで彼女を怖がらせてしまった・・と自分を責める気持ちもありました。彼女も私の期待に添えなかったことに、泣きながら謝っていました。

一緒にいることの喜び

付き合ってから半年ほど時間が流れました。毎週のようにデートを重ね、お互いのことをどんどん知っていき、二人でいる時間はとても幸せでした。

ケンカもたまにしかせず、まわりからも仲の良いカップルだと思われていました。ただ、身体の関係を持つことはありませんでした。

私は何度か彼女を求めたし、彼女はそれに何とか応えようと努力はしてくれるようになりました。しかし、彼女が嫌悪感に打ち勝つことはありませんでした。

その度に私は自分のことを責め、もっと彼女に好きになってもらえば・・と思っていたのです。彼女と一緒にいることの喜びが、そう思わせたのです。

言ってしまった一言

彼女と付き合ってから約一年の月日が経ちました。一年経っても仲はとてもよかったです。ただ、一年経っても性的な進展は、全くと言っていいほどありませんでした。

スポンサーリンク