あなたは、彼氏の嘘をどこまで許せますか?なぜ嘘をついたのか理由にもよりますよね?今回はパターン別に彼氏がなぜ嘘をついたのか、一つ一つ考えていきたいと思います。

嘘をつかれたことに対して怒りが収まらず苦しむのは、もう止めたいですよね?これからはプラス思考になって、彼氏の小さなやさしい嘘を許せる自分になりましょう。そうすれば、あなたの心も少しは楽になるかもしれませんよ。

キャバクラへ行っていたことを隠していた

キャバクラやクラブなど、男女が密接に至近距離で楽しい話をしてお酒も入り、男性は大きい気持ちになって普段のストレスを発散している可能性もあります。

また彼女からすれば、キャバクラは可愛い女の子がデコルテ丸出しのドレスを着飾って、男性の気分を良くするために女の子たちが気を利かす場所・・もちろん、男性も鼻の下を伸ばしている様子を想像してしまいますよね?

ただ、キャバクラに行っている男性すべてが女性目当てで行っているわけではありません。もしかしたら彼氏は、あなたを心配させないために嘘をついているのかもしれませんよ?

仕事の人たちと、仕事終わりにキャバクラへ行っていた

彼氏が「残業」や「飲みに行く」など、あなたには言っていたのに、会社の人とキャバクラへ行っていた・・。そのことを何らかのルートで知ってしまった場合、あなたならどう思いますか?

確かに嘘をつかれたことは、あなたにとってはショックなことですが、彼氏からすれば仕事の延長です。出世や人間関係にも関わってくることでしょう。そこで上司や同僚にノリが悪いと思われないため、仕方なく内緒でキャバクラへ行ってしまった可能性もあるのではないでしょうか?

もちろん、やましいから嘘をついたんじゃないの!?と思うかもしれません。しかし、彼氏からすれば、あなたに変な心配をかけたくない、きっとキャバクラへ行くと言えばいい気はしないと、心遣いからついた“嘘”だったのかもしれません。

将来結婚の話が出た時に、しっかりお金を稼げているようになるため頑張っているのかもしれませんよ。そんな彼の仕事の付き合いを、あなたは止めることができますか?

友達とキャバクラへ行っていたことを隠していた

友達との飲み会の二次会がキャバクラになったとき、そこで断れば「あいつ、彼女ができてからノリが悪くなったな。」なんて思われるかもしれません。そうなれば、友達の中であなたの存在が悪くなってしまう可能性がありますよね?

彼はきっと友達が大切なように、あなたのことも大切にしているはずです。だからこそ、あなたに対して心配や不安にさせたくない気持ちから“嘘”をついたのではないでしょうか?自分だけがキャバクラを楽しみたいなら、一人で同じ店に何度も通うのではないでしょうか?

あなたへの連絡がそっけなかったり冷たくなったり、また頻繁にキャバクラへ行っているようなら怪しいですが、そうでないのであれば、本当に友達の付き合い程度なのでしょう。

確かに彼女の立場からしたらおもしろくありません。しかし、あなたには彼の人間関係を壊す権利はありません。板挟みになっている彼の心境を察してあげて、大人の女性として彼のやさしい嘘を受け止めてあげてみてはどうでしょうか?

「男友達だけで」と言っていたのに、女友達も一緒だった

友達と遊びに行くのに、なぜ女友達がいたことを隠していたのか?「隠していたということは、何かやましいことがあるのかな?」なんて考えてしまいませんか?