一度別れたけどまた付き合いたい・・。こんな気持ちになることってありますよね。ただ、復縁したくても、「どんなタイミングで告白すればいいのか」と悩んでしまう女性は多いのではないでしょうか?

そこで今回は元彼と復縁したい女性が告白する理想のタイミングについて紹介します。

スポンサーリンク

まずは別れの原因を見つめ直す

元彼への告白のタイミングを計る前に、まずは過去の別れの原因を見つめ直さなくてはいけません。どんな形であれ別れたのには、何か問題があったからですよね?

それを見つめ直さずに、「今の関係が良好だから!」という理由で告白に踏み切るのは少し無謀です。また、別れの原因が改善されぬまま告白するのでは、元彼に「別れた時と何も変わってない」と思われてしまいます。

それでは、とてもじゃありませんが、また付き合っていく未来を想像してくれるはずがありません。そうならないように、まずはしっかり原因を見つめ直して、改善できる面があればそれを改善することが先決です。

このように、元彼へ告白するなら別れた時とは違う自分を見せなくてはいけません。告白のタイミングを計るのはそれからにしてください。

今の関係性を整理する

過去を見つめ直したら、次は現在です。別れた元彼との関係は、人それぞれ違います。

  • 別れてからそれっきり
  • 別れてからも普通に連絡が取れる関係

どちらがいいと言うわけではありませんが、前者ならば告白以前の問題です。まずは連絡を取ってみてどんな反応なのか確かめるしかありません。そして、徐々に復縁できるような関係に持っていく必要があります。

一方後者なら、LINEのやり取りなどから今の関係性を確かめることができます。そこで少しでも未練が感じられたら、告白のタイミングは近いでしょう。逆に、その気がない内容ならば、告白は早いと言えます。

ただ、この判断には注意が必要です。「復縁したい!」という願望が入ってしまうと、ポジティブに考えかねません。それでは意味がないため、自分で冷静に判断できないと思ったら、友達から意見を聞くなどしてください。

一定の冷却期間は必要

別れの原因も今は問題なく、現在の関係も良好ならば復縁の可能性は大いに高まります。しかし、そんな状況が整っていても、一定の冷却期間はあった方がいいでしょう。

別れたばかりでは、元彼の気持ちの整理がついていないこともあります。そんな状態で告白しても、「どうせまた別れるから」と思われてしまうのがオチです。最低でも1~2か月程度は冷却期間として考えてください。

もっとも、自分が振って元彼に未練が残っていそうな場合は違います。元彼の気持ちが整理されては大変です。元彼の気が変わる前に急いで告白してください。

スポンサーリンク