男性の妄想の中では女子力が高く、料理・茶道・お花などなど難なく、美しくこなしている女性達のイメージのある女子校。(実際は・・)

今回はそんな女子校ならではの女子校恋愛あるあるをいくつか紹介します。「あるある!」と共感したい女子校出身者だけでなく、「へ~そうなんだ。」と好奇心を満たしたい方も必見です!

スポンサーリンク

1.男性の理想が高い

多くの男性と接する機会が共学の女性に比べて少ない分、男性=王子様のようなイメージをしている子たちが多いです。身近にいない分、幻滅することがないですしね。

頭が良くて、優しくて、笑顔が素敵で、お金持ちで、高身長・・。あげればキリがなく、今までそんな男性に出会ったことがない!と言っても、なかなか理想は捨てられないようです。判断基準がないので、その分夢も膨らむ一方・・。

いたとしても、そのような男性はすでに他の女性のものになっている可能性大です。まだ共学に通っている女子高生は現実的かもしれませんね。

妥協ができないので、その分理想がどんどん高くなってしまい彼氏がなかなかできないなんてことはないですか?男を中身で選んでみることも必要かもしれませんね。

2.男性の免疫力の低さ

女子校に通っていても、他校の生徒と付き合っている方もいます。しかし、基本的には男性に対して免疫が少ない女性が多いです。何をしゃべればいいかのか・・どう接すればいいのか・・。

また、テレビでしか見たことないような男性に憧れが強く、顔重視のようですが実際に彼らを目の前にすると恥ずかしすぎて喋れない!なんてことも。

3.イケメン女子に恋をしてしまう

これも良く聞きますよね。部活をしている女子は、そこら辺にいる男子よりも断然かっこいい!かっこいい女性は宝塚をイメージさせるため、イケメン女子に恋してしまう子も少なくありません。

確かに男臭くない、胸毛も生えていない、腕も足もつるつるとなると本当に白馬に乗った王子様のような気がします。また、部活観戦などでの熱い声援も、想いの熱さを物語っています。

確かにかっこいい女性は並の男より魅力的です。実際に同性から告白されることも珍しくありません。

4.男性経験の早い女子と遅咲き女子の差

本当にこれは二つに分かれるようですね。好奇心旺盛で男性にとても興味がある方は、早いうちに彼氏を見つけ恋愛をしていますが、やはり遅い方は本当に遅いです。

男性との出会いがない上に自分から積極的に話しかけたり、会いに行ったりなど恥ずかしくてとてもできない!という方は圧倒的に遅咲きタイプです。

しかし、性に関しての知識だけは持っているので、いざそうなっても安心ですね。ただ、経験者は少ないので答え合わせができずに知識と妄想が膨らむばかりです。

スポンサーリンク