なぜ空気が読めない女性はいなくならないのか・・。「わざとなの?」「何でこんな時に、そんなこと言うかな・・」いつも周りを困惑させる彼女たちは、決して悪気があってやっているわけではありません。

悪気がないため改善しようと思わないし、周りを困惑させていることすら気づいていないのです。今回はそんな空気が読めない女の特徴と行動を10個紹介します。自分が空気が読めない女になっていないかチェックしてみてください。

1.変な時間に電話をかけてくる

平日の夜中にいきなり電話がかかってきて出てみると、たいした用事ではなくイラッとしたことありませんか?「私が明日仕事(学校)だってこと、わかってるよね・・」

空気の読めない女は、相手が寝ていようが明日の予定があろうがお構いなしです。自分が電話したいときに何時であろうと電話してきます。

何か相談事や急用ならわかりますが、どうでもいいことならLINEにしてよ・・と思いますよね。でも、彼女たちにそんな思考はありません。

空気の読めない女と付き合った男性は、この夜中の電話に悩まされています。「平日は0時回ったら電話してくるな!」と言っても、次の日の真昼間に連続着信したりします。仕事中でもお構いなしです。

その後、彼氏から別れを告げられても、空気が読めない女はどうして振られたのか理解することもできないでしょう。

2.出会いの場で自分だけイイ女気取り

コンパでみんなが盛り上がっているのに、一人だけクールにすましている女性っていますよね。それ・・空気が読めない女の特徴です。

合コンで空気が読めない女と言えば、異常なほどのハイテンションだったり、ブリッコ全開を想像しがちですが、男性から見たらノリが良いと大目に見てもらえます。しかし、すましたイイ女気取りの女性には厳しいです。

みんなが盛り上がっているのに一人だけつまらなさそうに、「私はあなたたちとは違うから」と言わんばかりの態度・・。空気が読めない女だけでなく、女性陣全員がマイナスのイメージを持たれる可能性があります。迷惑な話です。

3.友達の彼氏にベタベタする

あなたは友達の彼氏にベタベタボディタッチする無神経女になっていませんか?友達の見ていないところならまだしも、見ている前でよくそんな行動できるな・・って女の子いますよね。

友達はイライラしているし、友達の彼氏や周りは苦笑い。空気の読まない女は、悪気があってやっているわけではないことをみんなが知っているため、なかなか強く言えません。

さすがに友達が一言いうと「ごめん・・」と、ものすごく反省します。しかし、時間が経てばまた同じことを繰り返すのです。どういう神経しているんだ!と思っても改善することはありません。それが空気を読まない女なのです。

4.人のファッションをダメ出しするが自分がされるのは許さない

買ったばかりの服を着てテンション上げながら遊びに行くと、「それ可愛くないよ~」「○○ちゃんには似合わないね」など、悪気がなさそうにキツイ一言で攻撃してくる空気の読めない女性・・イライラしますね。