片思いをしている彼にあなたの気持ちは伝わっていますか?告白をする前に、まずはあなたの気持ちをうっすらと彼に気づかせるサインを送ることは、両思いになるために重要です。

では、どのようにサインを送れば、相手の気になる存在になれるのでしょうか?その方法を知りたい女性のために、今回は片思いの彼にうっすら気持ちが伝わるサインの送り方を紹介します。

スポンサーリンク

1.3秒見つめて視線があったら微笑んでうつむく

このサインの送り方を取得できたら、かなりの確率で彼は「もしかして、俺のこと好きなのかな?」と思います。ただ、あまりにも不自然にすると相手に気持ち悪がられます。恥ずかしいかもしれませんが、まずは鏡の前で練習してみましょう。

ポイントは見つめる時間は長くても“3秒”ということです。それ以上見つめてしまうと怖さを与えてしまう場合もあるので気をつけましょう。

目が合わなくても、3秒たったら視線を外してください。もし目が合ったのなら恥ずかしそうに微笑んで、すぐにうつむく仕草をしましょう。はにかむ笑顔に彼はドキッとするでしょう。そして、あなたの気持ちが自分にあるかもと気になるはずです。

これは1日に1回のみ。多くても3日に1回ほどにしておきましょう。あくまでもうっすら気づいてもらうことがポイントなので、やりすぎには注意してください。

「こんなことで本当に効果あるの?」と思うかもしれませんが、男性は意外と単純です。些細なことでも、「もしかして、俺のこと好きかも?」と勘違いすることを覚えておきましょう。

2.片思いの彼に『特別』という言葉を使う

二人で話をしたり、連絡を取り合う機会があった時には、あなたにとって彼が『特別』な存在であることを伝えましょう。

  • 「○○君だから特別に貸してあげるね」
  • 「○○君にだけ特別に教えてあげるね」
  • 「特別に○○君は許してあげる」

このように、あなたは特別ということをそのまま伝えてみましょう。あまり大袈裟にならないように、サラリと使うのがポイントです。

好きという言葉は使っていなくても、同じくらい彼の心に響く言葉となります。そして、「特別ってどういう意味だろう・・」と、彼はあなたのことを意識するはずです。

3.LINEでハート付きの可愛いスタンプを送る

現在の恋愛のツールといえば、やはりLINEです。片思いの彼にうっすら気持ちを伝えるサインとしてLINEを使わない手はありません。

LINEの良い所は、何といってもスタンプです。文字で気持ちを伝えるのは難しいですが、スタンプなら曖昧に可愛く気持ちを伝えるサインを送ることができます。

例えば、LINE中にクマさんが投げキッスでハートを飛ばしているスタンプを送ります。ただ単に可愛いスタンプとして送ったのかもしれないし、好きという気持ちを表現しているとも受け取れます。

スポンサーリンク