ドロドロの三角関係を何とかしたい・・。そう悩んでいる女性にも、いくつかのパターンがあります。二人の男性から言い寄られていて、どちらを選ぶべきか迷っていたり、恋敵と片思いの男性を取り合っていたり・・。

そんな状況は違えど、現状を何とかしたいと悩んでいる女性のために、三角関係のケース別解決法を紹介します。あなたのケースに近いものを選んで参考にしみてください。

スポンサーリンク

恋のライバルと一人の男性を取り合っているケース

まずは、二人の女性が一人の男性を取り合っているケースの解決法を紹介します。ただ、この場合でも4パターンに分けて考えなければいけません。ひとつづつ見ていきましょう。

1.恋敵との人間関係は考える必要なし

ただ単に二人の女性が一人の男性を取り合っているシンプルなパターンの三角関係です。特に恋敵の女性との人間関係を考える必要のない、純粋な男の取り合いです。

これは三角関係とはいえ、単に片思いが実るために頑張っているだけとも言えます。たまたま、ライバルがいるだけです。このケースでは三角関係の解決法なんて考える必要はありません。純粋に片思いが実る努力をするだけです。

2.恋敵が友達パターン

これが定番の三角関係ですね。恋敵の相手が親友。こんなつらいことはありません。ただ、三角関係で悩んでいるということは、親友は身を引く気はないのでしょう。

むしろ、あなたが引くかどうか悩んでいるのではないでしょうか?片思いの彼か?親友か?どっちをとるべきか・・。答えは考えるまでもありません。三角関係になった時点で、引くに引けない状況になっているということを自覚してください。

親友とは正々堂々と恋愛バトルをすればいいのです。親友だってそのつもりのはず。ただ、どちらが上手くいっても恨みっこなしだと、ストレートに親友に伝えておきましょう。そうすれば、相手も苦しまずに済みます。

後は、ただひたすらにアプローチをするだけです。彼が答えを出せば、その瞬間に三角関係は自然と解決されるのですから。

3.親友ではないけど知り合いが恋敵

このケースでは、親友のように正々堂々と戦う必要はありません。恨みっこなしなんて伝える必要もありません。相手を蹴落としてでも、片思いを実らせるべきです。

何となく顔見知りの相手に好きな男性を取られたときほど、悔しいことはありません。付き合った後も、風のうわさで二人の状況が耳に入ってくることでしょう。そんな状況に耐えられますか?

こんな三角関係の解決法は、手段を選ばず強引に恋のバトルをするだけです。

4.彼氏にちょっかいをかけてくる女

この三角関係は、たまったものではありません。自分の彼氏に他の女がちょっかいを出して、彼もまんざらでもない状況です。こんな時は、相手の女性と争ってはいけません。同じ土俵に上がったら負けですよ!

スポンサーリンク