大好きな彼との結婚誰もが夢見ることですよね!しかしながら、結婚は2人だけで決められないものです自分の両親そして相手のご両親との関係性がとても大切になってきます

そもそも結婚って反対されるものなの?そんなのってドラマの中だけでしょう?いやいや、実は意外に多いのです自分の両親が彼の事を気に入らなくて結婚を承諾してくれなかったり彼の両親に嫌われて反対されてしまったりと理由は様々です

でも、この人と結婚したい思ったのなら、これも最初の課題と思い踏ん張りましょう理由はなんにせよ、大切なのは両親の気持ちを理解した上で結婚を認めてもらうことです

そこで今回は、あなたの結婚を親が反対する6つの理由を紹介します。親に結婚を反対されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.付き合っている期間がすぎる

初めて会った瞬間からお互いが雷を打たれたかのような感覚に陥り激しく恋がスタート!早い段階で結婚を意識した二人は、早々に両家のご両親に挨拶に行くもお互いが難色を示した・・

このようにどれほどお互いが愛し合っていても反対されることは珍しくありません。親は愛の強さよりもお互いに過ごしている期間の長さ重視しがちなのです

そんな早くに結婚をして、上手くいくわけがないというのが、親の本当の気持ちなのです確かにあまりにもお互いの悪い部分が見えていない状況で結婚してしまうと、お互いの悪いところが見えだしたときに酷く幻滅するのは目に見えます

そこでおとぎ話から目が覚めたように相手に対しても愛情を持たなくなってしまうのではないかと心配しているのです大切に育てた我が子には、幸せな結婚生活を送ってほしいと心の底から願っているのが親心というものです

2.双方または、どちらかがすぎる

最近流行りではありますが若い年下男性との結婚は、男が女を引っ張っていってなんぼだ!思っている親世代からは、とても不評なのですまた女性のほうがすぎることも問題です

年の差婚は、今でこそ少しずつ親しまれてきています。しかし、年齢が離れすぎていると、そこから生じる価値観の違いを完全に埋めることは難しいと考えられます。それが親が反対する理由です。

また、年の差だけでなく、お互いが結婚するには若い年齢であった場合でも、親は反対をする可能性があります何故なら結婚するには精神面が未熟だと考えているからです。

結婚したのはいいけれど、数年で離婚になってしまうことを両親は恐れているのです。

3.職業が不安定

相手の職業が不安な状態なのに、結婚を許す親はいません。彼フリーターで収入面で安定していない場合、あなたの親を納得させることはとても難しいでしょう

大切に育てた自分の娘が相手の職業が不安定なせいで苦労することが目に見えているのに、易々と承諾する親はどこにもいません。

スポンサーリンク