「好きになってしまった人が、たまたま妻子持ちだった。」彼もまんざらでもなさそう・・。今回は社内で不倫関係に陥った人への対処法とリスクについて紹介します。

出会いはどういった形であれ、相手に家庭があることを念頭にお話しを進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

不倫をしてしまったら?

彼には家庭があるのは分かっていても、どうしても諦めきれずに不倫に陥ってしまった。または、お付き合いをする直前に知らされた。知らずに付き合ってしまっていた。などなど、事情はどうあれ、不倫をしてしまったら、まずは周りにバレずに行動することが大切になってきます。

もちろん、不倫相手の男性も家庭がありますから、奥様にバレないように行動するでしょう。それだけでなく、社内でもしばれるようなことがあれば、立場や昇格にも関わってきます。あなたも職場にいることが苦しくなるはずです。

社内での接点を減らす

社内での彼との接点は少しずつなくしていきましょう。もちろん、全く接しないことは逆に不自然ですからね。必要最低限の用事だけ済ませるようにして、他の人と変わらない態度でいることが大切です。

もしも相手が不倫関係になってから、よくあなただけに頼み事や仕事を振ってくるなら、彼と2人の時に注意をした方が良いでしょう。くれぐれも、怪しまれる行動は慎むべきです。

連絡するタイミングを決めておく

連絡はマメにしない。もちろん好きなもの同士、お互い連絡はこまめに取り合いたいモノ。しかし、相手には家庭があります。もし、あなたと不倫していることがバレてしまえば、離婚や訴訟問題にまで発展しかねません。その辺のリスクも良く考えて行動するようにして下さい。

じゃあ、いつなら連絡してもいいの?それは当然、家にいない時が良いでしょう。彼が朝の通勤で電車に乗る頃だったり、仕事終わりの時間だったり・・。もし家にいる時に連絡をして、たまたま奥様に携帯を見られるなんてことになれば、それこそ大変です。

また、お互いに同僚と飲みに行っている時も控えましょう。万が一、何度もメールやLINEのやり取りをしていることに気付かれたら大変です。とにかく、家にいない時間帯で、ある程度二人で連絡するタイミングを事前に決めておいたほうが良いでしょう。

もしも不倫がバレてしまったら?

もし不倫がバレてしまったら、おそらく今の生活の様にはいかないでしょう。つまり、すべてが壊れていく可能性をはらんでいるということです。

例えば、あなたの評価。つまり不倫をするような女性だと周りから思われてしまうことです。もし、あなたが知らなかった場合は、慰められるかもしれませんが、たいてい社内の不倫なら相手に家庭があることを知っているはずです。

そんな家庭のある男性とお付き合いをしているあなたを、周りは憐れんだ見方をするか非常識な人とレッテルを貼るでしょう。仲の良い友達ですら、不倫は勧めてこないと思います。それだけ不倫にはリスクがあるのです。

会社での立場が危うくなる

不倫が社内でバレてしまったら、まずは同僚からは白い目で見られます。あなたの今まで築き上げてきた信頼はすべて失うと言っても過言ではありません。

スポンサーリンク