片思い中は毎日が楽しいですよね。片思いの相手と仲良くて、頻繁に話せる間柄なら尚更です。しかし、そんな関係だからこそ、聞きたくない余計な一言に落ち込むことも・・。

今回は相手に悪気がないのは分かっているけど、片思い中に言われるとツライ一言を、男の本音も併せて紹介します。あなたは何個共感できますか?

スポンサーリンク

1.誰か紹介して!

ニコニコしながら近づいてくる彼。男だろうとワクワクしていると「誰か紹介して!」と一言。片思いがばれてないし、悪気がないのはわかっていても残酷な一言ですよね。

こんなこと言われたら、精一杯苦笑いしながら「どんな子がタイプ?」なんて返すのが精いっぱいでしょう。そこで自分と真逆のタイプの女性なんて言われた日には・・。もう立ち直れません。

2.○○ちゃんって、彼氏いるの?

仲が良い異性の友達だからこそ、聞けることもありますよね。時には、それが相手の心を傷つけることもありますが・・。

「○○ちゃんって、彼氏いるの?誰か好きな子いるのかな?」自分の女友達について、こんなことを聞かれたら動揺しますよね。「どうして?」と聞いても、言葉を濁すだけ。

「もしかして好きなの?それとも、男友達に探りを入れるように頼まれただけ?」なんて彼のことで頭がいっぱいになるはずです。

そんな時って、だいたいネガティブに考えてしまうものです。自分の好きな人が、自分の友達を好きかも・・。そう考えて、心がズタズタになることでしょう。

3.面白すぎ!

「本当、お前面白すぎ!最高だわ~」会話が盛り上がっている最中に、こんなことを言われて腹を抱えて笑われる。傍から見たら、本当に仲良さそうに見えます。しかし、実際に自分がこの立場になると複雑です。

確かに、片思いの彼と楽しい時間を過ごすことは幸せです。しかも、褒められてるし好印象を持っているのは間違いない。でも、これって女性としてはどうなの?と不安になるはずです。

女友達としては最高だけど、彼女としてはちょっと・・。そう思われている可能性は十分にあります。結局、男性は清楚で可愛らしい女の子が好きなんでしょ!?そう思うとツライ一言ですね。

4.女って感じがしない

先程の言葉より、もっとキツイ一言が「女って感じがしない」です。これも仲良くふざけ合っている時に、男性がよく口にする言葉です。

男性の本音としては、仲が良いからこそ言っているつもりなのですが、(女性としてではなく、人として向き合っているという意味が含まれる)完全に女性であることを否定するこの言葉は、片思い中の女性には残酷です。

先程の面白いと言われるうちは、男性的には全然脈ありです。まだまだ可能性はあります。しかし、こちらの一言は、気のある女性には絶対に言いません。これを言われたら、片思い成就には難航することでしょう。

スポンサーリンク