色んな事情から『不倫』という恋愛をしてしまった人。そして、その恋を終わらせようとしている人。こんなことをいつまでもしていてはダメだと思っても、どんな言葉で終わらせたら良いのか悩んでしまいますよね?

不倫は普通の恋と違い、始まりも終わりもなかなか綺麗に上手くいくものではありませんが、何とか泥沼にならないように上手に終わらせたいですよね。

今回はそんな人のために、不倫相手との恋を上手に終わらせる別れの言葉を紹介します。

スポンサーリンク

1.お互い大切な家庭に戻ろう

不倫をしている二人にとって『家庭』という言葉は、夢から現実に戻る一番の言葉です。今まではこの言葉を敢えて出さないようにしてきたのではないでしょうか?だからこそ、別れる時にはこの言葉を使うことがもっとも現実的で、何も言えなくなる一言なのです。

いつかは、どちらかが『家庭に戻る』という選択をしたら終わる恋だとわかっていたはずです。相手も自分も傷つかずに、綺麗に上手に別れることのできる言葉ではないでしょうか。

2.あなたが好きだから、もう一緒にいるのは辛い

不倫は好きになればなるほど、辛くなっていきます。その辛さに耐えられなくなってしまったから、別れを決意したことを伝えましょう。

少し引きずってしまう言い方ではありますが、不倫という甘い夢のまま上手に別れることのできる言葉です。悲劇のヒロインになって、涙ながらに相手に伝えましょう。

3.旦那にばれてしまいそう

これは既婚女性が別れる理由として、かなり強い一言です。不倫している男性は、相手の旦那に不倫がばれてしまうことに恐怖を感じます。

最近旦那が疑っているという話をし、「ばれてしまう前に、ここでこの関係をもう終わりにしましょう」と話せば納得してくれるはずです。そこまでの危険をおかしてまで不倫を続ける男性はそういません。

4.あなたの奥さんにばれてしまいそう

更に強いのがこの言葉。相手の旦那以上にばれて恐怖を感じるのは、もちろん男性側の奥さんです。不倫をしている男性で、家庭を捨ててもいいと思っている人はほとんどいません。家庭は家庭で大切にしているのです。

これは奥さんが知り合いの場合しか使えない言葉ですが、もしあなたの知り合いであれば、「あなたの奥さんが不倫を疑っているから、もう別れましょう」と言えば、男性はすんなりと別れに応じるはずです。

5.また20年後に会いましょう

ずるい言い方ですが、いったんお別れしましょうと濁す別れの言葉です。「もっと年齢を重ねた時に、もしお互いまだ気持ちがあれば、また一緒になりましょう」と曖昧な約束をすることで、お互い夢を残しつつ綺麗に不倫を終わらせることができます。

今はこの関係は無理だけど、子供が成人した時にまた・・。とその気がなくても夢を見させる言い方で別れるのです。

スポンサーリンク

浮気や不倫で悩んでいるなら

「パートナーが浮気してるかも?」「既婚者との泥沼不倫が苦しい・・」「旦那に不倫された・・」誰にも相談できずに悩んでいるなら、客観的な第三者のアドバイスを聞いてみませんか?

モヤモヤして眠れないのなら、今すぐレビューを確認しよう!