デート代を割り勘にされた・・私ってどう思われているんだろ?こんな経験一度はあると思います。デート代を割り勘にされたからと言って、あなたに興味がないわけではありません。

今回は男性がデート代を割り勘にしようと思う心理を紹介します。様々なケースがありますので、状況によって察してあげてください。

スポンサーリンク

1.特に何も考えてない

デート代を割り勘にされたからと言って落ち込まないでください。彼は特に何も考えていないかもしれませんよ?あなただけでなく、今までのデート代も割り勘にしていて、特に何も考えていないパターンです。

根本的にデート代は男性が奢らなければいけないと考えていません。だからと言って、頑なに割り勘にしようとも考えていません。

あなたと楽しい時間を過ごして、彼も満足そうにしている・・お金にも困っているわけではない・・奢られて当然と考えている女性を敵視しているわけでもないなら、このパターンの可能性があります。

あなたがどれだけ彼の心の内を探っても意味ないでしょう。何も考えていないのですから。

2.自分とあなたの属性を考慮している

楽しいデートで彼が満足していて、お金にも困っていない・・特に何も考えていないパターンと一見同じように見えますが、一つだけ違いがあります。彼とあなたの属性を考慮する心理です。

例えば、彼が学生であなたが社会人だった場合、「かっこよくデート代を出してもいいけど、相手は社会人だしな・・。奢られるのは嫌だし割り勘が妥当だろ」と考えて、デート代を割り勘にしているのです。

他にもあなたの方が年上だったり、経済的に上だった場合に、これらを考慮して悩んだ結果の答えなのです。あなたと彼との属性の違いに思い当たるところがあるなら、このパターンの可能性が高いでしょう。

この心理から割り勘にしているのなら、たまには彼がデート代を出してくれる時もあるでしょう。この心理で割り勘にしている男性は引け目から、毎回割り勘にすることに若干の苦痛を感じている傾向があるからです。

3.男女平等の心理から

絶対に女には奢らない!こう強く心に誓っている男性がいます。彼らは男女平等の心理からデート代を割り勘にしているのです。

このパターンの男性は、男性は女性に奢るのは当たり前だと考えている女性に強い敵対心を持っています。男女平等だと主張しておきながら、デート代は男性が奢るものだという考えが許せないのです。

彼らの主張は、女性から奢ってもらっていて文句を言われることには納得するが、自分のことは自分でけじめをつけている割り勘にケチをつけるな!というものです。

彼らの主張は間違っていません。しかし、このように考えている男性は女性から人気があるとはお世辞にも言えません。こういう心理で割り勘にされても納得できる女性でないと二人の関係はうまくいかないでしょう。

スポンサーリンク