普通に結婚をして、子供を育てて・・と漠然と描いていた未来とかけ離れた恋愛をしている人もいます。その中で幸せになる可能性が低いのが不倫恋愛です。

「そんなこと分かっているけど、気持ちが・・」今回は、そんな女性のために、不倫を思いとどまる方法を紹介します。その方法は、客観的に不倫というものを考えてみることです。

不倫が燃え上がる理由やデメリットをひとつづつ客観視することが一番の近道です。それでは、順番に見ていきましょう。

そもそも不倫はどこで始まる?

そもそも不倫はどこで始まるのでしょうか?社会人の恋愛同様、職場での出会いが殆どのようです。しかし、既婚男性・既婚女性であることは、同じ職場であれば公然と知られているはず・・。それでも一歩を踏み出してしまうには、あるシチュエーションがあるようです。

例えば、飲み会などが代表的な例です。会社の飲み会はみんなでわいわい、でもその後の二次会で怖かった上司が意外と優しかったり、オフィスではみることのできない一面が見えたり・・。

どうやら、普段見ている仕事中の男性とのギャップを感じると、不倫の罠に落ちてしまうようです。また、仕事中に男性が活躍する場面を直接見ることができるため、素敵だと感じる機会が多いのも理由の一つです。そんな当たり前の日常の中で芽生えてしまう危険性があるのが不倫なのです。

不倫が燃えてしまう2つの理由

どうして不倫恋愛はお互い燃え上がってしまうのか?その代表的な理由を2つ紹介します。

1.理解者がお互いしかいない

いつでも毎日夜遅くまで電話をしたり、メールをしたり、会える時間までを楽しむことができるカップルとは違って、不倫の場合は好きな時に連絡できない・・会いたい時に会えない・・という苦しさがあります。

例えば、クリスマスなどのカップルにとっての一大イベントでさえも、「家族と過ごさないといけない」と既婚男性は家族を優先しなければならないでしょう。

会いたい時に会えないことは、とてもつらいことです。また、会えたとしても、知り合いに合わないような場所でデートをしたり、ホテルで集合・解散と味気のないものだったり・・。なかなか普通の恋愛と同じようにはいきません。

しかし、この「普通ではない」という状況が不倫をより燃え上がらせてしまうのです。自分たちだけにしかわからない環境、応援されない環境というのは理解者がお互いしかいないため、はまりやすいことが多いのです。

もし、ひどい男であれば友人が止めてくれたり、家族に助けてもらえます。しかし、不倫は人には言えない関係です。そのため二人の世界ができてしまい、泥沼化しやすいのです。

2.不倫は美味しいとこどり

不倫は日常生活とかけ離れた、非現実的なものとして存在します。家計のやりくりや節約、親戚関係、家事や育児、一般の家庭には存在する当たり前の生活がありません。

なかなか会えないため、ケンカやいざこざもありません。美味しいとこどり!というのが不倫です。お互い疲れや愚痴を癒し合う余裕を持って会うことができ、楽しい場所で楽しい時間を過ごせる、それが不倫の醍醐味です。