お付き合いもしていないのにお泊りデートに誘われた、そんな記憶はありませんか。ある程度の年齢に達した女性の方でしたら、そんな経験も一度くらいはあるかもしれません。

あるいは友達がそんな経験をして悩んでいた、そんな過去を思いだす方もいるかもしれませんね。実際それくらい、男女の間では日常的に良くある出来事ですよね。

付き合う前にお泊りに誘われた女性の側からしますと

何となく苦々しい、嫌な感じのする出来事でもあります。人によっては馬鹿にされたと感じる事でしょう。

なるべくそんな誘いは受けたくないのが本望ですが、出来ればそんな誘いを受けても、きっぱりと断ってしまいたいものですね。それでは今回は、付き合う前にお泊りに誘われたさいの、上手な断り方を見ていきたいと思います。

きっぱり嫌だと断る

付き合う前にお泊りに誘われた、そんな時の一番上手な断り方は、やはりその場できっぱり嫌だと断ってしまう事でしょう。

結局それが最も世話がなく、相手にも分かりやすいやり方ですよね。あとになればなるほど断りにくくなるのも事実ですので、出来るなら誘いをかけられたその場で、しっかりと断ってしまうのがベストです。

何となくうやむやにしたりあやふやにしてしまうと、その後も男性から同じような誘いがかかる事もあります。それは女性として、絶対に避けたいですよね。ですのでそういう不埒な事を考える輩には、その場でしっかり、お断りをしてしまいましょう。

彼女ではないから泊まれないと断る

付き合う前にお泊りに呼ばれてしまった、そんな困った事態におちいった時の断り方として、二番目に挙げたいのはこの断り方でしょう。私はあなたの彼女ではないからそんな事はできない、とはっきり宣言してしまう事です。

実際問題お付き合いもしていないのに泊りを要求してくるような男性は

女性をなめているとしか思えません。別の呼び方を使えば女の敵、何も考えていないただのお猿さんです。いえ、もしかするとおサルさん以下かもしれませんね。おサルさんの方がどれだけ偉い事か!サルを見習えと言いたいくらいの男でしょう。

サル以下の知能しか有していない男なので、何を言っても理解できないかもしれませんが、彼女でないから泊りは出来ないという事柄くらいは、何とか頭をフル活用して理解して欲しいと思いませんか。

殴る

お次の上手な断り方は、殴る。単純に、シンプルに、殴る。それだけです。勿論一般常識からすると、暴力はいけない行為です。やらないに越した事はないでしょう。

付き合ってもいないのに宿泊までの誘いをかけてくるような非常識な男性相手ですから

多少殴ったとしても良い薬になるでしょう。大体にして彼女でもない相手にいきなり泊れなどと言ってくる男は、セクハラまがいの行為をしていると言っても過言ではないのです。

セクハラは決して許してはいけません。相手が二度とセクハラ行為を働かないよう、思い切って殴ってしまっても別に問題ではありません。

目には目を、歯には歯をなら、セクハラには殴打を、です。けれどもあまりに力を込めすぎないように、手はグーよりパーの方がおすすめですね。

結婚をちらつかせてみる

お次に紹介する方法も、付き合う前に誘いをかけられた時には、なかなか効果的な断り方、もとい方法だと思われます。思い切って結婚をちらつかせてみる、というやり方です。

私とお泊りデートをしたいのなら責任を取って結婚してくれるわね

ときっぱりと言い放ってみて下さい。おすすめは両の掌は腰に当てがい、上から見下ろすように言い放つ事です。

とにかく高圧的な態度で眼光ぎらぎらとさせ、有無を言わさぬ勢いで言い放つ事がポイントです。真剣交際もしていないうちから何となく泊りを強要してくるような男性は、はっきり申し上げてろくなものではありません。

そのくらい高圧的な態度を取ってしまっても、全く問題はありません。とにかく、結婚。一に結婚、二に結婚、三四はなくとも五に結婚!そのキイワードをちらつかせれば、不真面目な男連中は尻尾を巻いて逃げ出すでしょう。二度とあなたに近づいてくる事も、ないはずです。

約束はしておいて、当日すっぽかす

お次の断り方は、どうしてもなかなかお断りができないという優しい女性に、向いている断り方となります。とりあえず約束はしておくけれども、当日になって派手にすっぽかす、という方法です。

この方法もなかなかに相手の男性に痛手を食らわすという意味では、それなりに効果を発する方法だと思われます。何しろ一旦は良いと思わせておいて、あとで空振りを食らわせるのですから。

馬鹿な男連中にはそれくらいでも丁度良いのかもしれませんね。もしかすると相手の男性が後日ブチ切れて責めてくる可能性はないとは言えないのですが、そんな男の言う事は右耳から左の耳にでも、風のように聞き流してやってオッケイ。

決して相手にしないでください。多少むかつく事を言われたとしたら、お前が悪いんだろと一発言い放つだけでも結構です。しかしおすすめは、もう二度とその男とは話をしない事ですね。

あなたをなめている男性など、はなから相手にしなくてもよろしいのだと思われます。

  • そんな男に関わり合っていると時間も無駄です。
  • あなたの女性としての価値もダダ下がりになります。

女性としての価値を保つためにも、そのようないかがわしい男との付き合いは、その辺でさっさとぷつりと切るのが良いと思われます。

お泊りは早いけど相手に好意がある場合は

付き合う前にお泊りに誘われた

付き合う前だけど女性側にも男性側に好意がありお泊りは厳しいけど今後、付き合う事になればOKと言う場合は丁寧に付き合う前はお泊りデートや泊まりには行けないとハッキリと伝えましょう。

相手の男性は気軽に誘ったのかも知れませんが、付き合う前は無理とハッキリと断わる事で

  • この子は身持ちが硬い
  • ちゃんとしてる女性
  • 気軽に手を出せない女性

と男性は思います。改めて付き合って欲しいと言われる可能性や今後、好意を相手も持ってくれる可能性が高くなります。手を出せない女性と言うのは男性から見ると非常に価値が高く手に入れたくなります。気軽にお泊りなどに行かない様にしましょう。