「ツンデレ」という言葉が一時期はやりましたね。普段はツンツンしているのに、二人きりになるとデレデレと甘えてくる。今では共通ワードになってしまっていますが、彼女たちは本当にモテます。男性が永遠に追い続けたい女性の理想像のようにも感じます。

彼女たちはその魅力を様々な男性に振りまき

  • 恋に落ちてしまった男性は数知れず・・
  • 彼女たちに泣かされてしまった男性も数知れず・・

なのではないでしょうか?今回はそんな彼女たちの魅力を詳しく追及していきましょう!目指せ、愛されツンデレ!

1.ギャップ

ツンデレ彼女は、見た目は大人しそうなのに実はタフだったり、見た目は女の子らしいのに実は中身が男っぽかったりなど、外見と中身のギャップを兼ね備えています。男性はギャップに弱い生き物なので、このような外見と中身との違いに起こる矛盾に心を打たれます。

「あれ?外見とは裏腹に内面はこんな感じなんだ・・」と男性も驚きを隠せません。それがマイナスではなく、男性にとってはプラスに働くのです。

意外性ともいいましょうか、自分と思っていたようなのではなく、良い意味で期待を裏切るツンデレ彼女は、彼らの心を一度掴むとなかなか離しません。

2.メールやLINEがそっけない

男性を夢中にさせる女性の共通の特徴があります。それはメールやLINEがそっけないことです。二人でいる時は楽しそうでにこやかにしているのに、文章だけハートマークもないし、スタンプもない・・。

「あれ?一緒にいた時はあんなに楽しそうにしていたのに・・。もしかして、何かしてしまったのかな?」と、このような行動で彼女たちは男性に疑問を与えます。この疑問が男性の心をぎゅっと鷲掴みにするテクニックなのです。

彼らは何故?何故?と思い、彼女たちのことを考えます。彼女たちはというと、そんな男性たちの気持ちなどつゆ知らず、普通に過ごしているのです。男性は常に女性を追いかけていたい生き物なので、その疑問が彼女たちをついつい追ってしまうことへとつながるのです。

3.彼にしか見せない一面

ツンデレ彼女の魅力

ツンデレ彼女の最大の魅力は、なんと言っても彼らにしか見せない一つの顔です。それがいわゆる「デレ」の部分にあたります。普段、人前では

ツンデレ彼女は

  • べたべたしないでよ!
  • 手繋ぎたくない、くっつかないでよ!

と、ツンツンと振舞っているのに、いざ二人きりになると「もっと近くにいてよ!」などおもいっきり甘えます。

猫のような女性は男性から非常に人気でありますが、ツンデレ女性はまさにそれです。そんな彼女たちに、男性はメロメロなのです。

また、自分たちにしか見せない顔があるので、男性は優越感に浸れます。「自分しか知らない彼女がいる、誰にも見せたことのない彼女の顔は、彼氏の僕しか見ることのできない特権だ!」と。

4.不器用

ツンデレ彼女は、実は不器用だったりします。不器用な性格なので素直に自分を表現できませんが、そこがかえって彼女たちの魅力につながっているのです。男性は不器用な女性を見ていると、「しょうがないなぁ。僕がいないと」と思い、ついついほっておけない存在になります。

さらに彼女たちは、自分が不器用だと思っていないので、何事にもどんどん挑戦していきます。しかし、結果失敗してしまう姿をみて、男性は守りたくなる気持ちが強まるのです。小動物を見て女性が「可愛い!」と思うような状況と似ています。

素直に助けを求めないで、自分で頑張ろうとしている姿はまさにツンデレです。男性に甘えるなんて!と考えを持つ彼女たちはプライドも高く、なにより頼るという行為自体が恥ずかしいのです。

5.気まぐれ

彼女たちの行動は本当に気まぐれそのものです。つい先ほどまで笑顔でいたのに、ふと目を離すと違う表情をしていたり、デートの約束をしていたのに急に「今日は会いたくない!」と言ってきたりと、男性を振り回します。

男性が夢中になる女性は、自分の思い通りにならないタイプ・・まさにツンデレ彼女です。ある意味、自分の感情には忠実といいましょうか、その時欲しいものは欲しい!したいことはしたい!食べたいものは食べたい!と自分の欲望には素直なのですが、いざ男性が絡むと素直ではなくなります。

男性はこの気まぐれに疲れながらも、何とも言えない幸福を感じます。常にニコニコしていて、自分の意見をあまり言わない女性よりも魅力を感じるのです。

6.ミステリアス

ミステリアスな女性は、男性に好奇心を抱かせますよね。全てわかる女性よりも、わからないぐらいがちょうどいいのです。謎が多い女性に彼らは強く興味を持ち、彼女たちを求めて解き明かそうとします。

男性心をくすぐるミステリアスな女性は、古今東西魅力的な女性として描かれています。ルパン三世の元に突如現れる「峰不二子」や、ジェームスボンドの「ボンドガール」などが代表的な例ですね。

彼女たちが自分の本性や、気持ちを表すのは一人の男性にのみです。そのミステリアスな部分が明かされた時、男性は既に彼女たちに骨抜きにされていることでしょう。

7.実は恥ずかしがり屋

ツンデレ彼女は基本的に常に強気です。何かをしていても「ぐずぐずしないでよ!」や、「もっと早くして!」など、一見心が折れそうな言葉を発するのですが、男性はそのような気の強いところがたまらないようです。

普段は気が強く勇敢な姿勢を見せるのですが、そのあとに見せる弱さに男性はコロッといってしまいます。これは別に計算しているわけではありません。全て「恥ずかしい・・」という感情からきています。

ツンデレ彼女は恥ずかしがりや

  • 自分の素直な感情を相手にぶつけるのが恥ずかしい
  • 相手に好きっていうのが恥ずかしい

など、本当はとっても照れ屋さんなのです。ある程度長く付き合っていくと、彼女たちの本性が分かってくるのですが、全ては恥ずかしいという彼女たちの感情の裏返しなのだなと分かってくると、彼らはハマってしまうみたいですね。

8.ダブルバインド

あまり聞きなれない言葉ですが、モテる女性は恋愛テクニックのダブルバインドが非常に上手です。ツンデレ彼女はそれをナチュラルにやっています。ダブルバインドとは、二つのメッセージを相手に伝えるという行為、すなわち自分の中に表れる「矛盾」です。

例えばツンデレではない女性が、相手に「嫌い」というメッセージを伝えようとしたとします。彼女たちは眉間にしわを寄せ、嫌いという表情を顔でも表現するでしょう。しかし、ツンデレ彼女はそうではなく、顔はにかませ「嫌い」と告げます。

要するに、嫌いと言っているけど、表情はそうはいっていないという状態のことです。このような行為を、男性は可愛いと思ってしまうのです。

9.押しに弱い

ツンデレ彼女は意外に押しに弱いです。モテる女性の特徴は、「隙のある女性」など、押せばいけそうな気がすることがポイントです。実はツンデレ彼女も、それに当てはまるのです。

一見強そうで、全くなびかなさそうに見えるのですが、押されるとダメダメと言いながら結局相手の思うようになっていることがあります。

もちろん、それを見抜ける男性は少ないので、それを知ったとき彼らはそこに女性らしさを感じます。強そうに見えて実はそうではない、そのような部分が男心をくすぐるのです。

例えば、このようなシチュエーションで考えてみてはどうでしょうか?彼が彼女に何かをお願いしたとき、「やだ!そんなの!絶対嫌だ!」と最初はいうのですが、彼が強く主張すると、「もう!今日だけなんだからねッ!」と最後には押されて、折れてしまいます。このような状況に、男性は萌えるのです。

ツンデレ彼女は最強?

なにやらツンデレ彼女は最強なような気がします。男心をナチュラルにつかんで決して離さない。モテる女性の代名詞とでもいうのでしょうか。

こんなに魅力が詰まったツンデレ彼女を目指して、ぜひ今回紹介したことを実践してみてください。