言葉遣いは綺麗に越したことはありません。しかし、そう思いながら中々実践できない女性は多いです。言葉遣いが悪い自覚がある女性なら、「やっぱり言葉遣いが悪い女は男性から嫌われるのかな?」と不安に思ってしまうことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は言葉遣いが悪い女に対する男の本音を紹介します。

基本的には低評価

言葉遣いが悪い女に対する男の本音は、当然ポジティブなものではありません。もちろん、女性と言えども、いつも綺麗な言葉遣いをするのは無理があります。たまには言葉遣いが悪くなるのは仕方ありません。

しかし、問題はその頻度です。常に言葉遣いが悪いのでは、「男っぽくてガサツな正確なのかな?」「キツイ性格なのかな?」なんて思われてしまいます。その結果、「恋人としてはちょっと・・」となってしまう男性は多いです。

特に、結婚を意識するような年齢の男性だと、この傾向は顕著に表れます。確かに、言葉遣いが悪い女よりは、言葉遣いが丁寧な女の方が結婚してからのイメージがいいですからね。

また、言葉遣いが悪いことで、育ちが悪そうというイメージを持たれてしまうこともあります。これも気にする男性がいるため、そう思われないに越したことはありません。

このように言葉遣いが悪いことで、イメージが悪くなってしまうのは勿体ないです。いきなりは難しいかもしれませんが、意識して徐々に直してください。

友人関係なら気にならない

紹介したように、言葉遣いが悪い女に対する評価はよくありません。しかし、これはあくまでも異性としての評価です。友達としての評価は悪くなく、むしろ、「話しやすい」などポジティブな評価だったりします。

確かに、友達から丁寧な言葉を使われるのは、何だか心を開いてくれてないみたいで気持ちのいいものではありません。それなら、多少言葉遣いが悪い方が心を開いてくれているみたいで安心できます。

このように友達ならば、言葉遣いが悪くても気にはならないという男性は多いです。事実、男友達が多い女性は、比較的男性の前でも言葉遣いが悪かったりします。もっとも、これでは完全に友達として見られかねません。

それでもいいなら問題ありませんが、仲のいい男友達から恋愛関係に発展させたい場合は、やはり多少は言葉遣いを気にしてください。もちろん、始めは照れくさいかもしれませんが、女性らしい一面を見せることによって、ギャップを与えることができますよ。

言葉遣いが悪いのはまだしも悪口はNG

言葉遣いが悪いことのデメリットはありますが、人間的には嫌われてはいないため、言葉遣いを直すだけでいくらでも挽回できます。しかし、悪口を言っていると、そんな訳にはいきません。口が悪くて性格が悪い女と思われてしまいます。

これは当然と言えば当然のことなので、悪口は言わないように気を付けるだけなのですが、言葉遣いが悪いと悪口を言っているつもりがなくても、悪口のように聞こえてしまうことがあるため注意が必要です。

確かに、言葉遣いが悪いとどうしてもキツイ物言いに聞こえてしまいます。いくら本人にその気がなくても、他人を批判しているように捉えられてしまうことは仕方がありません。