自分は別れた元彼と復縁したいと思っているけれど、家族や友達など周囲から反対を受けている。そんな状況に悩む女性は意外と多いのではないでしょうか。

信頼している家族や友達の意見をないがしろにするのもなかなか難しいですよね。周りの反対を押し切って元彼との復縁に向けて努力するべきなのでしょうか。彼のことはスッパリ諦めるべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

周囲はなぜ復縁を反対するのか

家族や友達などの信頼している周囲の人に元彼との復縁を反対されたら、「なんで反対するのかな?」「私の気持ちをわかってくれない」とネガティブにとらえてしまいがちです。

しかし、家族や友達などがあなたの「元彼と復縁したい」という気持ちを聞いてもなお反対するのには、必ず理由があります。あなたに試練を与えたくて復縁を反対しているのではない、ということを理解する必要があります。

付き合いの薄い知人だったら、あなたと元彼の復縁を反対することもなく、「あ、そうなんだ。頑張ってよ。」「自分の気持ちに正直にね。」と表面的に応援してるように見える無責任な言葉をかけてくれることでしょう。

あなたのことをよく知っていて、あなたと元彼の関係をそばで見てきた家族や友達だからこそ、たとえ復縁してもあなたが幸せになれない、ということを危惧して復縁を反対しているのです。

復縁を反対される理由:あなたを苦しめる男

家族や友達など周囲の親しい人があなたの復縁を反対する理由の1つ目は、元彼がこの先あなたのことを苦しめる男だということがわかっている場合です。

例えば、元彼の浮気が原因で別れた、暴力が原因で別れた、身勝手または不誠実な性格で別れたなど、付き合っている時や別れる時にあなたが悲しい思いをした場合、復縁してもまた同じような理由で、あなたが悲しい思いをすることが周囲の人にはわかっています。

また、彼の束縛がとても激しいなどの場合も、あなたがその束縛によって、この先も苦しむことが見えていますので、周囲の人はあなたと元彼の復縁を反対するでしょう。

やり直せば彼は変わると信じたい人もいると思いますが、女性を傷つけたり苦しめたりする男性はすぐには変われません。

そばであなたを見てきた家族や友達はそれがよくわかっています。家族や友達はあなたの苦しむ姿を見たくないという理由で復縁を反対するのです。

復縁を反対される理由:あなたが別れた時から変わっていない

元彼と別れてしまった原因が、あなたの性格の欠点や態度など、あなた自身にある場合で、その原因が解消できていないと周囲が思った場合は、元彼とあなたの復縁を反対することがあります。

原因となるものを解消していなければ、基本的に復縁してもうまく行かないので、最終的に別れてしまいます。

元彼から「(あなたの)ここが嫌」という理由で別れを告げられたのであれば、その悪いと言われた部分を直していない状態で復縁を望んだとしても復縁できる可能性は低いです。

スポンサーリンク