ドキドキ切なく苦しいけど、何でもない毎日が楽しくて仕方がなくなる片思い。誰だって、大好きな人と結ばれたいと強く願っていることでしょう。

しかし、そんな想いが実る人とそうでない人では、ある傾向があります。だからこそ、毎回片思いをするたびに幸せが訪れる人と、最後にいつも諦めなければいけない人に分かれるのです。

そこで今回は片思いが実る人と失恋する人の違いを紹介していきます。現在進行形で片思いしている方必見です。

スポンサーリンク

1.元彼の悪口を言ってない?

あなたは元彼の悪口を友達の前で言っていませんか?もし心当たりがあるなら、片思いが実らない人の傾向があると言えるでしょう。

「元彼のことを本気で憎んでいるわけではないし、少しネタっぽく周りを楽しませているだけだから大丈夫!周りもわかっているから・・」と安心している女性は意外と多いです。しかし、これが落し穴・・。

確かに、昔の恋人のネガティブな話題は盛り上がります。本気で悪口を言っていないことも分かっています。男性から見ても笑える話題もあるでしょう。しかし、いざ付き合う相手としては絶対になしです。

考えてみてください。もし付き合って別れたら、自分のことをこんなようにネタにされる・・。しかも、本人が秘密にしていたことや夜関係も暴露していたら、恐ろしくて付き合おうと思うわけがありません。

毎回片思いが実る人は、例外なく元彼のネガティブな話題を話しません。少し考えればわかることですね。

2.男にだらしない?

男にだらしない女性も片思いが実らない傾向があります。もちろん、それを相手の男性に隠しきれればいいのですが、付き合う相手としてじっくり観察されると、どこかにほころびが出てしまうものです。

それとは逆に、男関係にしっかりしている女性は、自分でアピールすることがなくても「ちゃんとしている子だな」と男性は勝手に見抜いてくれます。

「男は単純だし、そんなことできないでしょ?」と思っている女性は多いかもしれませんが、男性は付き合う前に「この子と付き合っても大丈夫か?浮気しないか?」と意外に値踏みしているのが現実です。

もし、とりあえず付き合おうとしてしまうタイプの男性なら、長く付き合うつもりもなく、彼女がいないし丁度いい程度にしか思っていないでしょう。ある意味、男にだらしない女性とはピッタリですね。

3.同性からの評判は?

同性から好かれている女性は、片思いが実りやすいタイプだと言えるでしょう。その理由は2つあります。一つは、女友達の援護射撃が期待できるからです。

人は本人からアピールされるよりも、第三者からの評判を受け入れる傾向があります。女友達から良い情報を与え続けられれば、片思いが実りやすくなるのはそのためです。

スポンサーリンク