「この人だ!」と思い結婚してみたものの、離婚してしまう夫婦は少なくありません。普通はお互いのために、それぞれの道を進んでいくのですが、ごくまれに「もう一度やり直したい・・」と復縁を願うケースがあります。

別れたカップルがよりを戻すのとは違い、一度離婚した夫婦が再婚するのは並大抵のことではありません。本気でそれを望むなら、それ相応の覚悟が必要だと言えるでしょう。

そこで今回は一度離婚したのにもかかわらず、復縁を願う女性が覚悟すべきことを紹介します。再婚したいなら、避けては通れない道ですよ。

スポンサーリンク

人は簡単に変われない!本気で変わる覚悟はある?

はっきり言って、人はそう簡単に変わることができません。どれだけ変わろうと努力しても、時間が経って精神的に大人になってもです。

人には小さなころから形成された性格の癖があります。様々な経験を積んで成長することは可能ですが、全く違うタイプに変わることは並大抵のことではありません。多くの人が成長することによって、変わったように見えているだけなのです。

人付き合いならこれでも問題ありませんが、死ぬまで日常を一緒に過ごす夫婦では誤魔化しがききません。要するに、人として成長するだけでは再婚しても同じことの繰り返しになるということです。

離婚した相手に変わることを求めることはできません。それなら、あなたが変わらない限り復縁することは不可能です。

自分らしくなんて言葉は一種の甘え。キャラを周りに受け入れてもらっているだけです。それを拒んだ元旦那ともう一度日常を過ごすためには、あなたが本気で変わる覚悟が必要なのです。

いつも自分のことばかり・・

相手に離婚を突きつけられて苦しんでいるならまだしも、自分から離婚を選択したにもかかわらず、復縁を願う女性は少なくありません。どうして、自分で決めた大きな決断を簡単に変えてしまうのでしょうか?

何らかの特殊な事案があって、実はそれが誤解だった。これに当てはまらない限りは、あなたはこのままでは再婚することではできないでしょう。なぜなら、あなたは自分のことばかり考えているからです。

自分から元夫に離婚を突きつけておきながら、「やっぱり、よりを戻そう」と言われる相手の気持ちを考えたことがありますか?どう思うでしょうか?多くの場合、「ふざけるな!」の一言が返ってくるでしょう。

そもそも、自分から離婚すると言っておきながら、なぜ復縁したいと考えたのか?普通の感覚ではありえないことです。

十中八九、自分都合のわがままな理由

  • 一人で生活していたら寂しくなった
  • 金銭的に生活が苦しくなった
  • 離婚する前に関係があった男性に捨てられた
  • 生理的に無理だと拒絶していた旦那への嫌悪感がなくなった
  • 漠然とした老後の不安
  • 自分が捨てた一般的な家庭の幸せが惜しくなった

こんな自分都合のわがままな理由でもう一度やり直したいと思っているなら、相手に怒鳴られても仕方がありません。

スポンサーリンク