誰でも「失恋」は怖いですよね。大好きな人に振られてしまったら立ち直れなくなってしまうかも…その気持ちもよくわかります。実際「失恋が怖くて恋愛できない!」という女性は増えています。

そんな失恋するのが嫌で恋愛できない自分を克服したい方に、どういう気持ちで恋愛に望めば傷つかずに済むのか、どんなタイミングで恋愛すれば成功に近づくのかを伝授しちゃいます!

小悪魔気分で男性を手玉にとっちゃいましょう!

スポンサーリンク

余裕のない女は失恋する

失恋をする女性に多いのが「極度に自分に自信がない」女性です。自分の容姿に対する自信がなかったり、性格や経験に対してコンプレックスを持っている人は失恋に対しても、とても敏感です。

男は、余裕のない女性には驚く程に上から出てきます。エサを与えなくても付いてくる女性に労力を使いたくないと、どこかで思っているのです。

なので、失恋で傷付きたくない女性は、嘘でもいいので「自分はいい女」だと売り込んで見てください。

失恋は悪いことじゃない

失恋が怖い女性のもう一つの特徴は「プライドが高い」ことです。自分のことをいい女だと思うことは悪いことではありませんが、余りにもプライドが高いと男性は引いていってしまいます。

プライドが高い女性は、失恋を罪か何かだと感じてしまう節があります。一度失恋してしまうと、もう次がないような気になってしまうんですよね。しかし、日本語には面白い言葉があり「今回は縁がなかった」だけだと思ってください。

どんなにあなたが完璧で、周りから好かれているような人でも「全員に好かれることは無理」なのだと自覚すると、心が軽くなると思います。

失恋はあくまで「縁がなかった」だけのこと。あなたが悪いわけではありません。

「恋愛」に間違いなんてない

恋愛に間違いもなければ、正解もありません。よく言われがちですが、恋愛は理屈ではなくフィーリングです。しかし、自分のことを好きになってもらおうとする姿勢は男性にとって可愛いものです。

それをうっとおしい、キモイなんて感じる男性は、そもそもお話にならないので好きにならない方があなたの身の為です。

失恋が怖いのであれば「自分がどうして怖いのか」をもう一度分析してみましょう。そしてその理由が「他の人と違う、何か間違っている気がする」と自分を責めるものであれば、恋愛に間違いなんてないという言葉を思い出してみてくださいね。

その自信が、自分をより一層綺麗にしてくれる一歩目になるでしょう!

スポンサーリンク