あなたは男性から尽くされたことがありますか?女性に生まれたのだから、一度は男性に尽くされてみたいですよね。でも、なかなかこのような男性はいません。もし見つけても他の女性に尽くしている真っ最中ということも珍しくありません。

今回はそんな女性にとって嬉しい彼らの特徴を6つ紹介します。好きな人に尽くす男を的確に見極めたい方必見です。

スポンサーリンク

1.自分からマメにコンタクトを取る

人間関係を成立させるために欠くことができないのがコミュニケーションです。女性に尽くすタイプの男性は、彼女とのコミュニケーションを何より大切と考えています。そのため、自分の方から積極的にマメにコンタクトを取るという特徴があるのです。

どんなに仕事や勉強などで忙しくても電話やメール、LINEで頻繁にコミュニケーションを取ってくれます。男性は付き合い始めの時は頻繁にコンタクトを取っても、交際が進むうちに次第にめんどくさがるようになる人が少なくありません。

その点女性に尽くす男は、どんなに付き合いが長くなっても彼女へのマメなコンタクトを欠かしません。

「常に彼女とつながっていたい」「彼女がどうしているか心配」という心理がマメなコミュニケーションをさせるのです。そのため、彼女の方からンレスポンスがないと必要以上に不安になってしまうのも、尽くすタイプの男性の特徴です。

2.聞き上手

女性に尽くす男性は、自己主張よりも相手を深く理解することを優先します。したがって、2人で話をしているとき、自分の話をするよりも彼女の話を聞こうとする傾向が強いです。多くの男性が自分の話ばかりして彼女の話に興味を持たないのに対し、相手本位の会話ができるのが尽くすタイプの男性の特徴といえるでしょう。

この傾向は彼女以外の人と会話する時にもいえます。したがって自然に聞き上手になります。相手の話にきちんと耳を傾けてタイミングよく相槌をうち、合いの手を入れて相手が話しやすいように配慮することができるわけです。

これは努力して身に着けたスキルではありません。あくまでも相手本位の会話をする習慣から自然に身に着いた能力と言っていいでしょう。女性からすると「話をしていて楽しい」と感じられるのが尽くす男の特徴なのです。

3.許す力が大きく、基本的に怒らない

女性が男性に求める性格の一つに「包容力」があります。相手を精神的に優しく包み込むことのできる能力が包容力ですが、それに似た能力に「許容力」があります。こちらは相手を包むのではなく、相手の言動を幅広く許すことのできる能力です。

そして尽くすタイプの男性は、この許容力に優れています。包容力が人間的な大きさに関する能力であるのに対し、許容力は柔軟性に富んだ能力と考えていいでしょう。

彼女がどんな言動をしたとしても、基本的にそれを許すことができますから、めったに怒りません。ここにも「相手本位で考える」という、尽くすタイプの男性の特性が表れています。

逆に言うと尽くす男が怒るということは、よほど大きな許せない理由があるということです。そのため、「交際中の彼氏が尽くすタイプで、初めて真剣に怒られた」という場合は、自分の言動をしっかり振り返って猛省する必要があるでしょう。

4.ケンカをするとひどく落ち込み、時に涙を見せる

許容力が大きいため怒るということはめったにありませんが、その一方で尽くす男には「彼女の前で涙を見せやすい」という特徴もあります。

スポンサーリンク