フランス料理やイタリア料理、日本料理などは世界的に知名度も高く人気のジャンルですが、アメリカでは近年「ニューアメリカン料理(New American Cuisine)」が人気の料理の一つとして定着しつつあります。

今回はそんなニューアメリカン料理についてご紹介させていただきます。

ニューアメリカン料理とは

レストラン

たくさんの人種が住み生活を送っていることから「人種のるつぼ」とも呼ばれるアメリカで発展した、本来のアメリカ料理にフランス料理や日本料理、地中海料理などの諸外国の料理のテイストをプラスした新しいタイプの料理のことを指します。

一般的にはオシャレでファンシーな雰囲気のレストランが多いため、誕生日や記念日などのお祝いごとにもおすすめですし、あらゆる国のフュージョン料理が楽しめることもあり大きな満足感も得ることが出来ます。

ニューアメリカン料理レポート

料理

前菜には、アメリカ料理の中で大人気のスープの一つ「ポテトチャウダー」をオーダーしました。

こちらのスープは他国とのフュージョンではなく、クラシックなアメリカンスタイルのポテトチャウダーとなっており、濃厚なクリームの味わいとアクセントとなったベーコンの塩気がマッチした冬の季節にぴったりなスープとなっています。

シンプルな味わいのパンと一緒にサーブされるため、スープと一緒にいただくことでより満足感を得ることができます。

料理

副菜には、「ムール貝」と「ニュディ」を。パエリアやペスカトーレなどにも使用されることのある「ムール貝」にサルシッチャ(豚ひき肉にハーブやスパイスを加えたイタリアスタイルのソーセージ)やトマト、ワインが加わったイタリアフュージョンの一品となっています。

シンプルなムール貝のワイン蒸しも美味しいのですが、イタリアらしい食材が合わさることでさらに味わい深くなり、サルシッチャのスパイシーさが身体も暖めてくれます。

料理

イタリアのトスカーナ地方の料理である「ニュディ(リコッタチーズをメインにほうれん草や卵、小麦粉、スパイス類をプラスしたお団子のような食感のパスタの一種)」に、ボロネーゼソースとパルミジャーノレッジャーノがプラスされたコクのある一品です。

RECOMMEND PR

ABOUTこの記事をかいた人

一条さき

海外生活2年目で、アメリカに住んでおります。美容やコスメに関すること、お料理やお菓子作り、日本の伝統芸術などが大好きです。皆さまに楽しんでいただけるような情報をお届けできるよう精いっぱい頑張ります♪