「もう少しで不倫している彼の誕生日。どんな誕生日プレゼントが良いだろう?」喜んでもらえる誕生日プレゼントはあげたいと思っても、プレゼントの内容によっては二人の関係が壊れてしまうことも・・。

そこで今回は、不倫相手に誕生日プレゼントを渡す際に注意すべきことを7つ紹介していきます。しっかりと確認して、適切な誕生日プレゼントを選びましょう!

スポンサーリンク

1.ネクタイ・ネクタイピン・シャツなどの身に付けるものは避ける

不倫相手の誕生日プレゼントには、間違ってもネクタイやシャツなどの身に付けるものを渡してはいけません。身に付けるものをあげてしまうと貰った男性も困ってしまいます。男性には家庭があります。身に付けることも家に置いておくこともできません。

また、「わざわざ身に付けるものをプレゼントにするなんて、家庭を壊すためなんじゃないか?」と何か意図があるのではないかと勘ぐってしまい、その後の関係もギクシャクしてしまいます。

  • 「これどうやって隠そうかな?」
  • 「何考えてんだこの女は?」
  • 「妻にバレてしまうじゃないか」

表面上は喜んだ表情をしていたとしても、実際は心の中でザワザワしていることでしょう。

身に付けるもの、形のあるものをあげることで、男性は窮地に追い込まれてしまいます。例え男性が欲しがっていたとしても渡すことは絶対に辞めましょう。お互いのために、物よりも思い出に残るプレゼントにするべきです。

2.食事する際、家・職場の近くのお店は避ける

不倫相手への誕生日プレゼントは、甘いものや食事などが最適です。形に残らないため、相手の男性も気を重くせず喜んで受け取ってくれるでしょう。

甘いチョコレートなどを渡しても良いですが、関係性によっては軽く見られるため、雰囲気のあるオシャレなレストランなどに一緒に行くと特別感があり相手も喜ぶでしょう。

しかし、その際はサプライズ的に連れて行くことは難しいため、最初から日程を決めて夜スケジュールを空けておいてもらいましょう。そして、食事の際にケーキやチョコレートなど、ちょっとしたものをプレゼントすれば喜ばれるはずです。

不倫している男性は、普段奥さんとオシャレなレストランなどには行かないはずです。良い雰囲気と美味しい食事を目の前に気分が高ぶるため、目の前にいる女性をいつも以上に魅力的に感じること間違いありません。

くれぐれも男性の家や職場の近くのお店だけは避けてください。いつ知り合いに見られるか分かりませんからね。

3.旅行に行く際は行き先・日程に気をつける

新鮮な気持ちで女性と温泉旅行に行く。男性であれば誰もが喜ぶシチュエーションでしょう。旅行先は、温泉地の旅館に泊まるのがオススメです。男性の気持ちが高ぶること間違いなしです。

ひとつ注意しないといけないのが旅行の日取りです。必ず男性に決めてもらいましょう。男性も不倫がバレないようにタイミングを見計らわないといけませんので、勝手に予約を取ることはしないでください。

スポンサーリンク