○○ちゃんって負のオーラがあるね・・。こんなことを言われてしまったら、悩んでしまいますよね。一体どんな部分がそう見られてしまったのか?また、どうしたらそんなマイナスイメージを消せるのか?

そんな悩みを抱えている女性のために、今回は負のオーラがある女の特徴と消す方法を紹介します。

スポンサーリンク

負のオーラがある女の特徴

負のオーラがあるのはどんな女性なのでしょう。早速紹介していきます。

1.笑顔が少なく表情が暗い

笑顔が少なく表情が暗いと、負のオーラがあると思われてしまいます。顔の表情は人の印象を大きく左右するものです。それが暗いのでは、そう思われてしまうのは仕方ありません。

また、笑顔が少なく表情が暗いことで、「楽しくないのかな?」「もしかして怒ってる?」なんて思われしまうことも・・。例え本人が楽しんでいても周りにそう思われてしまえば、それが印象ですから仕方ありませんね。

2.暗い格好で清潔感がない

負のオーラがある女は、暗い格好をしていることも特徴の一つです。。話すまで見た目で人を判断してしまう人は多いので、見た目が暗そうだと性格までそう判断されてしまいます。

もっとも、暗い格好をしていても、モノトーンの服をかっこよく着こなしていれば問題ありません。しかし、負のオーラがある女は、それができなくただの地味な格好になってしまいます。

また、清潔感がないのも問題です。確かに薄汚れていたりすると、それだけで負のオーラを感じてしまいますからね。

清潔感はまだしも、暗い格好は年齢とともに選んでしまいがち。負のオーラは人生の疲れからでるように思われますが、このように着る服の好みが変わってしまうのも原因かもしれませんね。

3.コミュニケーションが苦手

負のオーラがある女は、コミュニケーションが苦手なのも特徴の一つです。コミュニケーションが苦手だと、自分の思っていることが言えません。また、挙動がおかしくなってしまいます。

  • 人と話すときについ目を背けてしまう
  • 恥ずかしいので下を向いてウジウジしてしまう
  • 話しかけられてもどうしていいか分からず無表情になってしまう

これでは周りから、負のオーラがあると思われても仕方がありません。すると、そのうち話しかけられなくなってしまうことも・・。そうなってしまうと、孤立してますます負のオーラが出てしまいます。

これが厄介なのは、コミュニケーションを取りたいけど苦手な人と、そもそもコミュニケーションを取ろうとしない人が、同じように扱われてしまうことです。前者は少し可哀そうな気もしますが、仕方ないのかもしれませんね。

スポンサーリンク