その人がいるだけで周りも明るく照らしてくれるような陽気な人っていますよね?そんな陽気な人にはみんな憧れ、なりたいと考えるもの。

性格は生まれたときに決まっているものなんて言う人もいますが、いつでも自分の考え方次第で変えることができるものなんです。

今日は陽気な人の共通点を知り、それを真似して実践することで、自分自身も陽気な人になる方法をお教えします!

スポンサーリンク

常に楽しいことを考える

陽気な人の頭の中は常に楽しいことでいっぱいです。楽しいことをいっぱい考えているから、それが表情や行動にも表れるので、周囲に陽気な人だという印象を与えるのです。

物事の嫌な面ばかり見えてしまう人は、まず頭の中を楽しいでいっぱいにすることを心がけてみましょう。

目の前に嫌なことしかないと感じられる場合には、未来の楽しい予定を考えるのでもよいのです。とにかく明るく楽しいことを考える癖をつけていくということが、陽気な人になる第一歩なのです。

ネガティブなことを口に出さない

陽気な人が決してネガティブなことを考えないのかというとそうではありません。陽気な人だって人間です。悩むこともあれば、嫌な思いをすることもあります。

そんなネガティブな気持ちになることは、人間なら誰にだって起こることですが、陽気な人はそれを口に出したり、態度に出したりしません。

ネガティブを外に出すと、思考がネガティブな方向に向かうことを止められなくなることを知っているからです。

明るく陽気な態度でいるうちに、ネガティブな気持ちは忘れ去ることができます。陽気にしていることが、陽気な気持ちを呼ぶのです。

ネガティブな気持ちになることがあったとしても、言葉や態度に出すのは控えて、楽しく過ごすようにしてみましょう。

たくさん笑う

陽気な人はとにかくたくさん笑います。笑っているから陽気な印象になるのか、陽気だから笑っているのかは分かりませんが、『笑う門には福来る』これって本当で、笑っていると自分も周囲も幸せな気持ちになれていいことが起こるのです。

笑うことは恥ずかしいと思っていたり、笑うときに口を押えてしまったりしていませんか?その考えを変え、面白いと思ったときには思い切り笑ってみましょう。

笑うタイミングが分からないという人は、周囲が笑っているときに合わせて笑ってみるというのも一つの手です。

スポンサーリンク