別れた彼を忘れられなくて復縁を望む時、共通の友達に頼んで復縁を後押ししてもらいたい…なんて考えてしまいますよね。

復縁したい時に彼と自分の共通の友達に協力してもらうのはありなんでしょうか。

スポンサーリンク

男性が別れた彼女にされたくないこと

彼女と別れた男性が、別れた後に彼女にされて嫌なことの一つに「共通の友達から別れた理由を聞かれる」というのがあります。

別れた彼女のことは忘れたい、または一旦距離を置いて冷静に考えたいと思っているのに、友達から元彼女の話題ばかりされたら気が休まりませんよね。

また、男性によっては別れたことを友達に話されること自体を嫌がる場合もあります。共通の友達にはどうしてもいずれバレてしまいますが、彼の気持ちも考えて共通の友達だからと、別れた詳細までペラペラ話さない方が良いでしょう。

同じグループやサークル、仕事先などに所属している場合、共通の友達がどうしても多くなってしまうので、友達経由でお互いの近況が耳に入ったり、彼女の話題が出てくるのはしょうがないことです。

しかし、復縁を望む場合は、共通の友達に頼んでいいことと、友達に頼むべきではないことの線引きが必要です。

共通の友達に頼む内容

復縁を望む場合に友達に頼んでいいことと、友達に頼むべきではないことがあるとお伝えしましたが、元彼と復縁するために、共通の友達に頼む協力内容とはどのようなものなのでしょうか。

共通の友達に頼む内容は、会話の中で自然にあなたの近況に触れてもらうことや、BBQや飲み会など自然と仲間を交えて会うことができる場をセッティングしてもらうなどです。

あくまでも友達として、これまでと同じような行動をしてもらうことが大切です。

友達に頼りすぎるのは逆効果

自然な流れで相手の近況を確認したり、自分の話題を出してもらうなどを友達に協力を頼むことは問題ありませんが、友達の協力を仰ぎすぎると逆効果となります。

  • 自分のどこが嫌いで別れたのか詳細を聞き出そうとする
  • 他にあなたに合う女性はいないと言ってもらう
  • あなたと別れて彼女はとても傷付いている
  • あなたとの復縁を望んでいる

このように友達に頼むのはやめた方がいいものです。

スポンサーリンク