一度別れた後に復縁して、最終的に結婚をするカップルというのは世の中にたくさんいます。中には別れた後、彼氏の家にある自分の荷物を整理しようと取りに行った際に復縁が決まったというケースも。

元彼を諦めきれないけど復縁できるかどうか不安な場合、一度は友達に戻るべきなのか、冷却期間を置いて復縁するためにアプローチするべきなのか、どちらが正解なのでしょうか?

スポンサーリンク

冷却期間を置いて復縁にチャレンジする選択

別れた元彼との復縁を望む場合は、別れた理由を見つめ直す必要があります。別れ方によって冷却期間を置くべきなのか、一旦友達に戻るべきなのかが変わってくるからです。

彼からあなたの欠点を指摘され、それが原因で別れることになった場合、その欠点を復縁後に直すことができるかが重要なポイントです。

性格や価値観に不一致が生じた場合、それらを短期間で直すことは難しいです。こういった場合は冷却期間を経て、彼に見直してもらえるような女性になるよう自分磨きをすると良いです。

長期間に及ぶ交際でときめきがなくなり、マンネリ化が原因で彼と別れてしまった場合、冷却期間を置くことでお互いに再び新鮮な頃の気持ちに戻れる場合があります。

一定期間の冷却期間を置いて久しぶりに再会した時に、やっぱりこの人がいいな、と思うことはよくありますので、焦らずに冷却期間を過ごすと良いでしょう。

冷却期間の行動

冷却期間の行動は重要です。もう彼とは恋人同士ではないので、恋人同士だった時のように連絡を取り続ける、メールを頻繁に送るなどの行動は控えましょう。冷却期間は一切連絡を絶つくらいの覚悟が必要です。

冷却期間にいつか復縁したいという思いでこれまでと同じように元彼に接すると、彼は戸惑ってしまいます。元彼女に物理的にそばにいられたり、定期的に元彼女から連絡がくると、彼のイライラを募らせ復縁の可能性を自分で潰してしまうことになりかねません。

冷却期間は辛いですが必要最低限の連絡は取らず、じっと待つのが良いでしょう。冷却期間の長さは3ヶ月とも半年とも言われていますが、置くべき冷却期間に正解はありません。

冷却期間には冷静になって彼から別れを告げられた理由は何なのか考えてみましょう。冷却期間後に復縁できることになっても、別れの原因が解消できないのであれば同じ結果になりますので、別れの原因となった事柄を解消できるようにしておく必要があります。

友達に戻る選択

別れた元彼が今でも好きで忘れられない、友達でもいいからできる限り近くにいたいと思う女性は多いようです。

彼氏と別れた後もその彼への想いが諦めきれない場合に、友達に戻る選択をすると良いケースがあります。それは、彼が恋愛以外に夢中になっていることがあって、それが原因で別れたケースです。そのような場合は、一旦友達に戻ってその彼を応援し続けてあげると良いでしょう。

彼はあなたが嫌いで別れたわけではありませんから、そのやりたいことが成功したりひと段落したら、ずっとそばにいてくれたあなたを、もう一度選んでくれて復縁できる可能性があります。

スポンサーリンク