望みの薄い相手にいつまでも恋をし続けるのは苦しいですよね。もういっそ片思いをやめてしまいたい!相手にもそれを伝えてスッキリしたい!と考えてはいませんか?

今回はそんな方のために、片思いを諦めると言われたときの男の心理と、伝えることのメリットを紹介していきます。

片思いを諦めると言われた男の心理

片思いを諦めると本人に伝えることは、相手の感情を大きく動かすきっかけとなります。今まで自分のことを好きだと言ってくれていたあなたが、もう好きでいることをやめる!といった瞬間、彼はまず焦ります。

追われる側には余裕があり、追っている側の気持ちがどれだけ真剣であるかがわかりません。いきなり諦めると言い出すなんて、冷たくしすぎたかな?それとも他に好きな男が?と、急にあなたのことが気になりだすでしょう。

男は女を追いかけたい生き物です。自分のものであったはずの獲物がいきなり逃げ出していくのを目にし、平常心でいられる男は少ないでしょう。

意識させるきっかけになる

諦めると言われた側は、あなたがどうしてその結論にたどり着いたのか気になって仕方がないはずです。

もしかしたら付き合っていたかもしれない相手が、自分のもとから離れていくというのは、個人差はあれどどこか寂しいものですよね。このまま片思いを続けていたら、相手のペースに合わせるだけで何もできずに終わってしまうかもしれません。

どうせダメでもともとなのであれば、できる限りのチャレンジをしてから終わらせた方が後悔は少ないでしょう。諦めると伝えることでジャブをうち、相手にこちらの存在を意識させることができるのがこの手段のメリットです。

まさかの一発逆転も!?

相手もあなたへの好意があった場合、「両思いだから別に急がなくてもいいや」「いつ告白してくれるのかな?」と待ちの姿勢である可能性があります。特に恋愛に不慣れな性格であれば、相手からのアクションを期待するのは難しいでしょう。

そんなとき、片思いを諦めると伝えることで、相手の本心を聞く絶好のチャンスがうまれます。しかし、本当に心変わりしたと思われて、憧れの両思いを逃してしまっては大変!あくまでも「まだ○○君が好きだけど私には望みがなさそうだから…」と、気持ちがある上で諦めると伝えることが重要です。

次の恋に踏み出せる

相手と両思いになれる望みがないと薄々気付いてはいても、簡単に認めることはできませんよね。しかし、あなたがどれだけ相手のことを好きだとしても、相手もあなたを好きになってくれるとは限りません。

「良い人だけど付き合えない」というのは、誰しも覚えのある感情だと思います。もうこの恋を諦める、そんな思いを言葉にして相手に伝えることで、自分自身の気持ちを整理することができます。

もしかしたら希望があるかもしれない…と、叶わない恋に精神をすり減らしているより、見切りをつけて次の恋へ踏み出す方がずっと有意義かもしれません。

諦めると伝えるのは最終手段!

諦めると言われたときの男の心理と、伝えることのメリットをまとめてきましたが、いかがでしたか?

RECOMMEND PR