付き合う前はかわいいかわいいと言ってきて必死にアプローチをしてきたのに、いざ付き合い始めたら以前のようにほめてくれることはなく、態度もどこか素っ気ないということはありませんか。

このように、付き合い始めると変わってしまう彼氏はたくさんいます。変わるのが普通と言っても過言ではないくらい、男性は付き合う前と後で態度を変えます。

なぜ付き合うと彼氏は変わってしまうのか、一体どういう心理なのか気になりますよね。そこで今回は、付き合い始めて変わった彼氏の心理と特徴についてご紹介します。

付き合えたことに満足している

ツァイガルニク効果という心理学用語をご存知でしょうか。これは人は完成したものや終わったものよりも、中途半端なものや遣り残したことの方が印象に残りやすいという意味です。

これは恋愛でも応用することができます。男性は、付き合うことを目標に動きます。付き合うことが1つのゴールとなっているわけです。

そのため、付き合えていないときはまだ中途半端な段階なので、心に残っていて気がかりという状態になります。ツァイガルニク効果です。

これが付き合うことが確定すると、ゴールにたどり着いたと解釈され、気持ちが薄れやすくなってしまいます。

付き合うことが決まったら、以前のように印象深く感じることがなくなってしまうため、頑張らなくなってしまうというわけです。よって、付き合い始めると彼氏の態度が大きく変わってしまうというわけですね。

自分のものになったと思っている

付き合うことが決まって彼氏彼女の関係になったので、彼女が自分のものになったと思っています。自分のものだと思っているので態度が大きくなりますし、あまい考えも働いてしまいます。

男性はなぜか、付き合うことが確定してから、楽観的な思考をするようになります。悪いことが起きるまで慌てることはありません。普段は好き勝手振舞うのに、彼女から別れると言われるまで態度を改める気がないんです。

彼氏は彼女より上だと思っている

付き合い始めて態度が大きくなる男性は、彼氏は彼女より上の存在であると勘違いしています。自分が一番なんだから彼女はついてきて当然だ、彼氏の言うことを聞いて当然だという価値観を持っています。父親が古いタイプの家庭で育つと、このタイプになりやすいです。

嫌なことは嫌だとはっきりと伝えて、勘違いをするようなら一緒にやっていけないとはっきりと伝えるといいでしょう。

まともな人ならここで態度を改めます。もしも態度を改めないようなら、付き合ってもいいことはありませんので、別れることをおすすめします。

別れることはないと思い込んでいる

付き合うことが確定したら、その女の子を独占する権利を得たと思い込んでいます。大きな態度をとっても別れることはないと根拠のない自信を抱いています。そのため、付き合い始めて変わってしまうんですね。