1年中ずっとお金がないお金がないと嘆いている男性はいませんか。いつもお金がないと言っていて、お金がある時期はあるのかなと失礼ながらに思ってしまうような男性が存在します。

そんな男性にはどんな特徴があるのか知りたくはありませんか。自分の彼氏はよくお金がないと言う…という方は、彼氏にどんな特徴と心理があるのか知ることによって、彼の気持ちをより理解知ることができます。

そこで今回は、口癖がお金がない男性の特徴と心理について6つにまとめました。一体どんな特徴と心理があるのか、1つずつ見ていきましょう。


☆コチラもおすすめ!男女問わずに色々な口癖を言う人がいますが実際はどの様な気持ちで使っているのでしょうか?口癖の心理まとめでは口癖を見やすいようにまとめさせて頂いてます。


ギャンブル好き

いつもお金がないという男性は、ギャンブル好きなことが多いです。お金がないからこそギャンブルに手を出してしまいますし、ギャンブルをやってばかりなのでお金が足りなくなってしまいます。

高い物を買っている様子もなく普通に働いているはずなのにどうしてお金がないんだろうと疑問に思う場合は、男性がギャンブル好きの可能性が高いです。自分の彼氏に疑いがある場合は、さりげなくギャンブルが好きか探ってみることをおすすめします。

自分の欲を優先

買い物をしたいという欲や食欲などの自分の欲を抑えることができずにお金がないというケースです。自分の欲を優先してお金をどんどん使ってしまいます。

お金がないというよりも、お金があると使ってしまうタイプです。財布にお金があると必要ないものまで買ってしまうという特徴があります。

せっかくお金が入ってもすぐに使ってしまうため、いつもお金がないという状態になります。そのため、口癖がお金がないになってしまうというわけです。

自分にあまい

口癖がお金がない男性は、自分にあまいです。自分がやりたいことはやりますし、お金を使いすぎたと思っても、仕方ないじゃないかと思います。

他人に金欠の原因となる行動をとがめられたとしても、その場で少し反省するだけで、あまり自分を責めるということをしません。

ひどい場合は心配してくれた人を鬱陶しいと感じることもあります。とにかく自分にあまいんですね。

人にあまえることが多い

口癖がお金がないの男性は、一種の不幸アピールをしており、周りの人によくあまえています。いつもお金がないという人がいたら、その人に対してご飯をおごったり、飲みに連れて行ったりしてくれる人が必ずいます。

口癖がお金がないの男性は、そんな人の好意にとことんあまえます。人にあまえて頼ることで、どうにかしのいで過ごしているというわけですね。