自分は自意識過剰と思われていないか?こんなことを思ってしまえば、不安になってしまいますよね。しかし、自分のことを自意識過剰なのか判断するのは難しいです。

また、自意識過剰な性格を克服したいけど、どうしたらいいのか分からない・・。そんな悩みを抱えている女性のために、今回は自意識過剰な女あるあると克服方法を紹介します。

スポンサーリンク

自意識過剰な女あるある6つ

自意識過剰だと、どんな行動をしてしまうのでしょう。早速紹介していきます。

1.すぐに自慢してしまう

自意識過剰な女は、すぐに自慢してしまいます。話す機会があれば、チャンスとばかりに、「自分はこんなことができる」「自分は過去にこんなことをしたんだ」と周りに教えたくなってしまうのでしょう。

これは周りからすると、自分が大好きなナルシストのように見えます。しかし、実は自分に自信がないからこそ、自慢して人から褒めてもらいたいのです。

自分に自信があれば、褒められることに意義は感じませんからね。これは承認欲求を満たすための表れとも言えるでしょう。

2.常に話の中心にいたい

自意識過剰な女は、常に話の中心にいたがります。大勢で会話をしていると、時には会話の内容が分からなくて付いていけない。こんなことは、よくあることです。そんな時は、話題が変わるまでやり過ごすのが普通ですね。

しかし、自意識過剰な女は、強引に自分の会話に持ち込みます。自分が中心という意識がどこかにあるため、自分に関係のない会話で盛り上がるのが嫌なのです。

そのため、周りからはワガママな性格だと思われてしまうことも・・。人が気持ちよく話していると、割り込みたくなる。こんな人は注意が必要ですね。

3.SNSに自撮りをアップ

SNSに写真を載せる際に自撮りをアップするのは、自意識過剰な女あるある。SNSは多くの人が利用していますが、積極的に投稿しているのは、自分の存在をアピールしたい人。そして、そんな人は自撮りが多いです。

もちろん、どんな写真を載せようと、それは個人の自由です。文句を言われる筋合いはありません。しかし、周りからすると、「自撮りをアップするなんて、自分を芸能人か何かと勘違いしているのかな?」と思ってしまうのです。

また、リア充自慢に代表されるように、自慢と思われてもしょうがないような投稿を多く繰り返してしまうのも、自意識過剰と思われてしまいます。

気になった方は、一度自分の投稿を見返してください。自撮りや自慢のような投稿が多いなと思ったら、周りからは自意識過剰な女と思われているかもしれませんよ。

4.悲劇のヒロインを演じてしまう

自意識過剰な女は、自分に起こった出来事に過剰に反応してしまいます。そのため、悪いことが起こるとすぐに悲劇のヒロインを演じてしまうのです。

スポンサーリンク