男性の声が好きという声フェチの女性。色んな声の男性がいますが、とにかく男性の声に対して過剰に反応してしまいます。そんな声フェチの女性が思わず「あるある!」と共感してしまう声フェチあるあるとはどのようなものなのでしょうか。

今回は声フェチの女性が共感するあるあるを紹介します。あなたは何個共感できますか?

スポンサーリンク

1.一目惚れより一声惚れ

女性は、かっこいい男性に一目惚れをすることがあります。一目見て、その容姿や雰囲気に心が奪われて恋に落ちるのです。一目惚れした経験のある女性はとても多く、一生に一度は一目惚れ経験があると言われています。

しかし、声フェチの女性は一目惚れしたことがほとんどないのです。なぜなら、見た目よりも何よりも声が重要だからです。そのため、一声惚れをするのです。

この聞きなれない一声惚れとは、その文字の通り第一声を聞いて恋に落ちることをいいます。声を聞いてドキッ。「なんだろう・・この気持ちは!」と恋をするのです。

  • 電車で話している声を初めて聞いた時
  • 職場で話している人の声を初めて聞いた時
  • 合コンで「はじめまして」の声でドキッ

このように自分のタイプの声を聞いた瞬間に一声惚れをするのです。声フェチの女性なら一度は経験したことがあるはずです。

2.イケメンの声が残念だと冷める

「なんてイケメンなんだろう・・」と見とれてしまうようなイケメンがいます。普通の女性ならイケメンの声が多少高くても渋くても、顔が良ければ声はそこまで気にならないでしょう。しかし、声フェチの女性はそうはいきません。

たとえどんなにイケメンであっても、その声が残念だと一気に冷めてしまいます。イケメンで優しくて経済力もある男性が自分を好きになってくれました。もう欠点がありません。ただ声だけが自分のフェチの中に入っていなかった・・。

このようなときに交際を断ってしまうこともあります。声を妥協することはできないのです。それだけ声フェチの女性にとって、「声」というものは特別なものなのです。

3.好きな声の男性との電話が一番興奮する

好きな男性とは会って話していたいと思うのが普通の女性の心理ですね。しかし声フェチの女性は、別の楽しみ方があります。それは電話です。

好きな声の男性とは直接会って話すよりも、電話で話すほうが興奮します。電話口からダイレクトに聞こえる声が心地よいのです。

「もしもし」という声だけでもドキドキ。顔が見えないだけに、より声を強く深く感じることができます。布団に入って電話しながら寝るなんて、何より幸せな瞬間といえるでしょう。

そのため会うことよりも、メールやLINEよりも何より電話を好みます。暇さえあれば「電話してもいい?」なんて、聞いてしまうのは声フェチ女性のあるあるといえるでしょう。

4.好きな声を聞いて楽しむ

好きな男性のタイプは人によって様々です。かっこいいと思う男性は10人いれば10人様々でしょう。そのため好きな俳優の話を女性同士でしていても、人によって好きな人は異なります。

これは声フェチの人にも当てはまり、一言に声フェチといってもその声のタイプは様々なのです。好きな声の俳優の話をしていても人それぞれでしょう。

そして好きな俳優であれば、携帯に画像保存していつでもその顔が見られるようにしておく人がいるように、声フェチの人も好きな俳優の声をいつでも聞けるようにしてる人もいます。

スマホを使って電車の中でも大好きな声に酔いしれる人は意外に多いです。声フェチでない人からすると、「電車の中で声を楽しむなんて・・」と不思議に思いますが、声フェチの人にとっては当たり前のあるあるなのです。

5.その声で言ってほしいセリフがいくつかある

好きな男性にやってほしいことは、いくつかありますよね?頭を撫でてもらったり、お姫様抱っこをしてもらったり、こんなことをしてほしいと妄想するでしょう。

そして声フェチの人はこれが全てセリフになります。好きな声で言ってほしいセリフ集を必ず持っているのです。

  • 「今日もお疲れさま」
  • 「○○は可愛いね」
  • 「俺がそばにいる」

このように自分の中で言って欲しいセリフがいくつかあるのです。これは声フェチの女性同士で盛り上がることのできるあるあるです。

6.声優で好きな人がいる

声フェチの人にとって、たまらない声を持つ人たちとは声優さんです。吹き替えやアニメなどで声優をしている人の声は、プロなだけあって素敵ですよね。声フェチの女性にはたまらない声の持ち主なのです。

ただ声フェチでない女性は、声優さんの名前までは知らないでしょう。いい声だなと思っても、そのキャラクター名や役柄の名前しか知らないはずです。しかし、声フェチの女性は声優さんの名前までしっかり覚えているのです。そして好きな声優さんが一人はいます。

さらに声フェチの女性の凄いところは、同じ声優さんを言い当てることができることです。テレビを見ていて、「この声どこかで聞いたことがあるな」と思った時に、声フェチの女性はすぐにわかるのです。

  • 「この声は○○の吹き替えの人と同じだよ」
  • 「この声はアニメの○○役の人と一緒だね」

好きこそ物の上手なれ。声を聞いただけでその声優さんがわかるのは声フェチならではでしょう。

7.喉仏が気になる

声フェチの人に好きな男性の体の部位を聞くと、その大半が『のどぼとけ』と答えます。声フェチの人にとって、男性の喉仏とはとても気になる存在なのです。

女性と違い、男性は喉仏が大きいです。そして声を出すたびにその喉仏が動きます。普通であれば気にならないところですが、声フェチの女性は色気を感じるのです。

喉仏からその素敵な声が出ているのだと思うだけでドキドキします。これは声フェチの人にしかわからないあるあるです。

8.カラオケに連れて行きたい

声フェチの女性は、男性とのカラオケが大好きです。その声で歌ってほしい曲が何曲かあるでしょう。そのため「この人の声素敵だな・・」と思うと、その人とカラオケに行きたくなるのです。

どうにかしてこの男性とカラオケに行こうと連れて行くために必死になります。そして一緒に行けた時には、自分の歌よりも相手の歌声を聞くのに必死です。好きな曲をリクエストしてその声に酔いしれるでしょう。

9.遠距離恋愛ができる

声フェチの女性あるあるで遠距離恋愛ができるということがあります。普通女性は男性のぬくもりを感じないと寂しいと感じます。そのため遠く離れてしまう遠距離恋愛が苦手なのです。寂しくなり続かなくなってしまいます。

しかし、声フェチの女性は声を聞くだけで満たされます。遠く離れていても毎晩電話するだけでも全く問題なく満足することができるのです。声を聞いていれば寂しいという気持ちになりません。

そのため遠距離恋愛になっても別れる確率が低く長続きするのです。

10.声の主を探す

街を歩いていて、どこかでとても良い声がすることがあります。そうすると声フェチの人は、その声がどこから聞こえたのかと必死に探します。「あの男性?それともこっちの男性?」と声をした方をくまなく見てしまうのは声フェチ女子のあるあるです。

声フェチの女性にとって、自分のタイプの声に出会うことは凄いことです。このチャンスを逃すことはできないのです。その声に対する執着は、まさに声フェチあるあるといえるでしょう。

声フェチ女性には楽しみがたくさんある

声フェチの女性が共感するあるあるを紹介しました。声フェチの女性ならではの楽しみ方がたくさんありましたね。彼女達は毎日素敵な声を聞いているだけで幸せに生活することができるのです。羨ましい限りですね。

スポンサーリンク