大好きな彼と別れてしまった・・そんな時には、自分のしてしまったことを後悔する気持ちが溢れてしまいますよね。でも、やっぱり彼のことが大好きで、彼のことを諦めきれない!絶対に復縁したい!という気持ちはそう簡単には消えないものです。

でも、ちょっとまって!ただやみくもに復縁をせまれば、彼は「めんどくさいな」と思ったり、「別れたばかりなのにいい加減にして欲しい」と思って復縁とは程遠い状況になってしまうかもしれません。もしかしたら、彼にもっと距離を置かれてしまうことも・・。

別れてしまった彼と復縁することは可能です。そして、最初の手段としてメールやLINEを使用することを強くお勧めします。

電話や会って直接だと、あなたの気持ちが強すぎて上手くいかないことの方が多いと思います。それに、じっくりと冷静になって文面を考えたり、相手への反応ができるため、こんなはずじゃなかったという状況を減らすことができます。

ただ、文章は声のトーンや表情がなくダイレクトに相手に伝わるため、しっかり考えてアプローチしないと逆効果になってしまいます。今回は、そうならないためのメール術を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.彼への感謝の気持ちを伝えるのを忘れずに

まずは、復縁をしたいと願っているなら別れた彼に「感謝の気持ち」を伝えるメールをしましょう。ケンカ別れで険悪な雰囲気のままだったり、あなたの未練が強すぎて「別れたくない!」と強くすがって彼をうんざりさせてしまっていませんか?

キレイに別れられていれば、復縁したいとも思わないかもしれませんが、何かしら納得の行かない別れ方をしているからこそ、彼と復縁したいという気持ちにもなるのでしょう。だからといって、彼にメールでその納得していないことをぶつけてしまえば、多分復縁することは難しくなってしましょうでしょう。

彼があなたと別れたことを「キレイな思い出」と思ってもらえるように、彼への感謝の気持ちや、彼のおかげでこんなに成長できた、彼と一緒に過ごした時間への感謝を彼に伝えましょう。

といっても、あまりくどくどと長いと彼もうんざりしてしまうので、簡潔に内容をまとめて効果的な内容を考えることが必要ですね。

2.まず最初に彼には未練がないということを伝える

別れてしまった彼と復縁したいと願うなら、一番最初に送るメールの内容が大切になります。最初のメールで彼への未練がないということが伝わるようにメールの内容を考えましょう。

「え?復縁したいのに未練がないと思わせなくちゃならないの?」と思われるでしょう。でもそれがとても大事なことなのです。

彼にきちんと「未練がない」ということを伝えずにメールで連絡するようになったら、「まさか復縁したいのかな?」と彼に警戒心を持たせてしまったり、「ストーカーになったのかも?」といらぬ心配をされてしまったり、大抵はいいことがありません。

彼にきちんと「未練なし!」と宣言してしっかり決別することが、復縁をするために大事な下準備なのです。慌ててすぐに復縁を迫るようなことはしてはかえって逆効果になってしまいがちです。

3.返事が必要なメールを送るのはタブーと思おう

別れた彼との復縁を願ってメールを出すのならば、返事をしなくてはならないメールはタブーと考えましょう。彼があなたに再び興味を持ってくれるまでは、あなたからのメールのやりとりを面倒だと思われてしまっては、復縁というゴールに辿り着くことが難しくなってしまいます。

大切なのは、彼に不信感や警戒心を持たれないように配慮することなのです。一度でも彼があなたからのメールに「ん?」って思ってしまえば、次にあなたから送られてくるメールにも警戒心を持ってしまいます。そうなるとまた彼があなたを友達として認めてくれるまで、長い時間が掛かってしまいます。

いつも送ってくるメールが「返事を出さなくてはならない状態」であると、彼はどうしても「まだ未練があるの?」と感じてしまいます。メールは不必要に返事を求めるようなものは避けることが大事です。

4.彼が不審がらずに返信をする内容からスタート

別れた彼にメールを送るときは、返事を催促するようなメールはタブーと書きました。しかし、返事がまったく来ないような内容のメールでは、なかなかやりとりするまでに発展しにくいかもしれません。

例えば、共通の友達の名前を出して「◯◯くんに連絡を取りたいのだけれど番号が見つからなくて。教えてもらえますか?」と伝えるなど、彼が返信することに不信感や警戒心を抱かせない内容を考えることが重要です。

また、「あなたが大切にしていたCDがうちにあったんだけれど、これどうしたらいいかな?」など、彼のものをどうしたらいいかという質問のメールには、彼が返事をすることにためらうことはないでしょう。

ただこんなメールも同じような内容で問いかけのメールが続けば、彼はやはり警戒心を持つようになってしまいます。あくまでもこれはきっかけ作りとだけ思って、多用しないように心がけましょう。

5.誕生日などメールを送るタイミングは吟味して

彼にメールを送るのは、何かイベントの時を狙うのがおすすめです。一番に思いつくのが彼の誕生日だと思います。彼のお誕生日に「誕生日おめでとう」のメールが来る。それだけのことなら、彼も深く考えずに「ありがとう」と返事をくれるでしょう。

また、クリスマスやお正月など、イベントの時を狙って一方的なメールを送ることも効果的です。あくまでも送るメールには「返信ご無用」という気持ちを忘れないようにしましょう。

返事を求めてなくても、欲しそうな様子というのはどうしても文調から伝わってしまうものなので要注意!イベントの時に送るメールは、あくまでもサッパリと、返事がこなくてもイイ!というつもりで彼に送ってみましょう。

時々、ポツリと届くメールに、きっと少しずつ彼も気になるようになるでしょう。

6.返事が帰ってきてもすぐには返信しないで

彼からメールの返信があったら「やったー!」って嬉しくなっちゃいますよね。すぐにでもまたあなたから返信したくなる気持ちはわかりますが、そこはぐぐっと抑えて、メールの返信はせずその日は終えるようにしましょう。

返信のタイミングが遅いというのは、彼に「あなたには気持ちがない」、「あなた中心の生活ではない」ということを伝えていることになります。

逆にあなたがすぐに彼に返信をしていると「暇なんだな」と思われたり、「まだ未練があるのか」と警戒させてしまうことになります。彼があなたから返事が来ないのを気にするくらいのタイミングで返事をしましょう。

メールを出せば、返信が気になるのは彼も同じ。すぐに返さず、少し時間を置くことで、彼にあなたにもう一度興味を持ってもらうチャンスが作れるのです。

あわてずゆっくりチャンスを作るようにしましょう。すぐに返信が返ってくることが当然と思っていた彼は、あなたに対して急に態度を変えるかもしれませんよ。男は別れても元カノへの独占欲は若干ながら残っていますからね。彼から連絡が来るようになれば、こっちのものです。

7.返事が来ない時はおくったメールを反省しよう

別れた彼にいろいろ吟味してメールをしても、彼からの返信がどうしてもらえない・・ということも、あります。それは仕方がないことなのですが、まずは返信が来なかった理由を考えてみましょう。

彼からの返信がなかった時には、あなたが送っているメールの中に何か反省するべき点があったということなのです。また、返信が来なかった時点で、彼とのやりとりは少し距離を置くところからまた関係を作りなおさなくてはなりません。

彼から返信が来ない時に「どうしたの?」や「なんで返事くれないの?」というような催促メールを送ってしまうのはNGです。彼からのメールが来なかった時には、自分がおくったメールのどこに反省点があるのかよく考え、彼とのやりとりに少し時間を置くようにしましょう。

じっくり考えて、次は失敗のないように復縁に向かってまた作戦を練るようにしましょう。

復縁するためには焦りは禁物!

いかがでしたか?復縁したい彼に送るメール術は、彼を警戒させないことが大切でしたよね。一度、「別れた」彼なので、すぐに復縁したいという気持ちにはなれないでしょう。

復縁したい気持ちがない彼に最後は復縁したい気持ちを持たせるのは、正直簡単ではありません。でもしっかり時間をかけて計画を練って、メールを送るようにすれば、復縁のためのきっかけを作ることは可能です。あとは、実際に会って冷静にあなたの気持ちを伝えればいいのです。(当然別れた原因をあなたが出来る範囲で解決していることは言うまでもありません。)

そのためにも慌てて復縁を迫ってしまうのは逆効果になってしまいます。彼の方から復縁したいとまではいかなくても、会いたい!と思ってくれるようになったら、今度は失敗しないように直接面と向かって話し合ってみてください。

あわてず焦らず、しっかり作戦を練ることが復縁には大切なことなのです。そのためには、まずはメールできっかけを作りましょう。

スポンサーリンク

今すぐ元彼の本音を知りたくない?

復縁するためには客観的な第三者のアドバイスが必要です。あなたは一人で暴走して撃沈する?それとも、復縁相談のスペシャリストに元彼の本音を予測してもらう?

まだ元彼を諦めてないなら、今すぐレビューを確認しよう!