まだ彼のことが好きで忘れられない…連絡したいなぁと思うこともありますよね。

特に元彼との記念日がくると、思い出が蘇ってきて急に連絡したくなるときもあるかと思いますが、記念日に連絡ってアリなの?ナシなの?どっちの方が復縁に有利なのか白黒つけちゃいましょう!

復縁したい人がいて記念日にメールを送ろうとしている方必見です。

スポンサーリンク

基本的にはNG

基本的には、記念日に復縁目的で連絡するのは止めましょう。記念日というのは、別れてしまえば“何でもないただの日常”に変わります。

記念日を意識するのは、相手に気持ちがある場合のみでしょう。つまり彼から別れを切り出されて別れた場合には、正直重いだけです。

仮に記念日だと気づかれなければセーフですが、記念日と気づかれた時点でハッキリ言って引かれる可能性まで。他の日だったら気にならないことも記念日の日のメールは、一気に重く感じさせやすくなりますのでご注意を!

連絡するなら二人の記念日じゃなくて…

じゃあいつ連絡すればいいの?と思ってしまうと思いますが、“記念日を避けた日”“彼の誕生日”“大切な試験の前”などがおすすめです♪

記念日を避けた日なら元カノから連絡がきても、そこまで不快に思われないはずです。(※ただし別れ方と連絡の頻度によりますが…)

さらに誕生日に関しては、カップルだけの日ではないですし、他の人からもおめでとうメールが来るでしょうし、別れた後も誕生日を祝福してもらえるのは素直に嬉しいことと感じる人が多いです。

大切な試験の前は、元カノだけが知っているという場合もあると思いますが、それは記念日とは異なり“応援してくれている”とストレートに受け取ってもらえますので喜ばれますよ♡

ただし時間帯には気を付け、迷惑にならないようにしましょう。

別れた後も誕生日を覚えてくれてた!大切な試験を応援してくれてるんだ!という気持ちは記念日とは異なり、元彼にとって“あなたの存在を良くするスパイス”になるので、積極的に送ってみましょう!

場合によっては記念日メールが効果的な場合も

ただ、いくら彼の誕生日などでも別れ方によっては逆効果なケースも…。

酷いケンカ別れやあなたの浮気などが原因で別れた場合には、いきなり誕生日メールや応援メールを送られてきてもイラッとさせる要因になりますので注意!

スポンサーリンク