男女の友情は成立するのか?これに対して、「成立する」と自信満々に言う人もいれば、「男女に絶対はない!」なんて言う人もいて、よく分からない問題ですよね。

そこで今回は男女の友情が成立するケースとしないケースを紹介します。

スポンサーリンク

男女の友情が成立するケース

男女の友情が成立するケースにはどんなものがあるのでしょう?早速紹介していきます。

お互いにパートナーがいてパートナー公認の仲

男女の友情が成立するケースには、こんなパターンがあります。もちろん、パートナーが異性の友達と遊ぶことを快く思わない人は多いです。しかし、特定の条件さえ整えば、気にならない人もいます。

  • 異性の友達が共通の友達
  • 相手をちゃんと紹介されており誤解を招くような行動をしない
  • 異性の友達と二人きりでは遊ばない

確かに、こんな関係ならば、それほど不安に思う必要はありません。むしろ、知らない同性の友達よりも安心できるなんて考えの人もいるでしょう。

男女の友情を成立させるには、当人同士ではどうにもならないことがあります。このようにお互いに友情が成立するような環境が整っていることが大切です。

タイプではないとはっきり言ってある

男女の友情が成立しなくなるのは、どちらかが恋心を持っているからです。(男性の場合下心というケースもあります)そのため、タイプではないとはっきり言っておけば、そんな心配はなくて済みます。

確かに、絶対に無理だと分かっていれば、相手のことをそんな目で見ることはありません。また、チャンスがあっても絶対断られると分かっていれば、無理な行動はしないでしょう。

今の関係を崩したくない男友達がいれば、無理と分からすためにも、はっきり言っておくといいですよ。

お互いに男女の友情の難しさを理解している

男女の友情は様々な理由で成立することが難しくなっています。そのため、お互いにその難しさを理解していないといけません。

  • 泊りの旅行はいくらお互いに気がなくても避ける
  • 電車がなくなるような時間までは飲まない
  • 家など個室で二人きりになるのは避ける

これらのことに気を付けないと、「魔が差して・・」なんてことになってしまいます。逆にこういったことさえ気を付けていれば、そう簡単に男女の友情が壊れることはありません。

スポンサーリンク