あなたの周りには、イケメンなのに何故かモテない人っていませんか?せっかくのイケメンなのに、それが活かしきれていない人のことを残念なイケメンといいます。

では残念なイケメンにはどのような特徴があるのでしょうか?今回はその特徴を9つご紹介します。

スポンサーリンク

1.自分大好きナルシスト

イケメンは、きっと生まれた時からイケメンだったのでしょう。周囲の人からも「かっこいい」「綺麗な顔ね」と言われて優遇されて生きてきたはずです。

物心ついた時から、このような環境にいたイケメンがなりやすいのが自分大好きナルシストです。

  • 「俺ってかっこいい」
  • 「イケメンすぎて罪だな」
  • 「世の女性は皆僕に惚れてしまうだろう」

このようなことを真剣に思っているのです。このようなナルシストなイケメンは、それが言動にも出てしまっています。その言動を目の当りにした時に女性は引いてしまうでしょう。そして残念なイケメンだと思うのです。

やはりいくらイケメンとはいえ、謙虚な気持ちでいるイケメンでいてほしいものですね。興味がある方は、こんな時どうする?ナルシスト男への8つの対処法も併せてご覧ください。

2.センスがない

イケメンはどんな洋服を着てもある程度はおしゃれに見えます。普通の人が持っていてもダサいようなカバンでも、イケメンが持つだけでかっこよくてお洒落に見えてしまうのです。しかし残念なイケメンは、そう思えないほどのセンスの持ち主なのです。

中学生が着るようなダサいジャージで街に出没します。今時見ないようなリュックを背負って買い物しています。柄のズボンに柄のシャツをコーディネートしています。その靴を合わせるの?と疑問を抱くような靴を履いています。

このようにせっかくのイケメンが台無しになるようなセンスの無さは、もう天性のセンスの無さなのでしょう。スタイリストでもつかない限りは直りません。これが残念なイケメンの特徴なのです。

3.とにかく間抜けな天然くん

「イケメンだなぁ」と思いながら眺めていたら、何もないところで転んだイケメン。これはもしや・・?と観察していると、忘れ物が多かったり、うっかりミスが多かったり、寝坊したり、意味のわからない発言をしたりしています。

これはいわゆる天然男子。悪い言い方をするとアホな男子です。せっかくのイケメンなのに、そのアホな行動で全てが台無しになってしまいます。

本当のイケメンは行動もイケメンなのです。なんでも軽々とそつなくこなし、大きなミスもしません。頭の回転も良いのです。そんなイケメンの姿に女性は心が奪われるわけです。

どんなに顔が良くても行動がイケメンでない人は残念なイケメンとなり、女性の心を奪うことは出来ないでしょう。

スポンサーリンク