男性に連絡先を聞かれるというのは、女性として嬉しいことです。しかし、その相手によっては連絡先を教えたくないという場合もあるはず。最近は連絡先といえばLINEの交換が主流になっていますが、この男性にはLINEを教えたくない!と思った場合に相手を傷つけずに上手に断る方法はあるのでしょうか。

そこで今回は男の人を傷つけない連絡先交換の断り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.私LINEやっていないから始めたら交換しよう

今は皆LINEをやっているので、当たり前のようにLINEを交換しようと言われることがあるでしょう。しかし、中にはLINEをやっていない人だっています。

そこでLINEの連絡先を聞かれたら、まだLINEを始めていないけれどそろそろ始める予定ということで、「私今はまだLINEやっていないの。だから、LINE始めたら交換しましょう」とはぐらかすのです。

この返答なら断られたのではなく、やっていないなら仕方ないと思い、あなたがLINEを始めてくれるのを待ってくれるはずです。もちろん、次に会うことがあっても、まだLINEをやっていないということで通していきましょう。

2.今日は携帯の充電が切れてしまってわからないの

連絡先を教えてほしいと言われた瞬間に、あなたの携帯の充電は切れてしまったという設定に切り替えてしまいましょう。充電が切れているのであれば、その場で携帯の連絡先を教えるということを回避することができます。LINEのIDもアドレスも忘れてしまったことにすれば良いのです。

「ごめんなさい。今私の携帯の充電が切れてしまっていて・・。LINEのIDやアドレスもわからないので交換ができないの。また携帯の充電がある時に交換してください」そういえば、男性も傷つくことはなく仕方ないと諦めてくれるでしょう。

この断り方は合コンなど、もう二度と会わないような男性には使うことができます。しかし、よく会う関係だと、再び聞かれてしまうので注意してくださいね。

3.もう少し仲良くなってからがいいな

出会ったばかりの男性で、まだ連絡先を教えるには早くて嫌だなと感じる場合もあるでしょう。そんな時に、「まだあなたがどんな人かわからないので連絡先は教えたくない!」とストレートに言うと、男性は傷ついてしまうかもしれません。

同じ意味でも、もう少し前向きに男性が希望を持てるような言い方にしてみましょう。「まだあなたのことを良く知らないので、もう少し仲良くなってから連絡先を交換したいな」と伝えるのです。

これなら慎重で純粋な女性なのだと、あなたの印象を良くします。その上でこれから少しずつ仲良くなれるのかな?と期待を持たせることもできますからね。このように、少しでも男性のプライドを傷つけない言い方に変えるようにすると良いでしょう。

4.男性と連絡先交換あんまりしたことなくて・・・

男性と連絡先を交換することを何とも思わない女性もいれば、とても重大なことと考える女性もいます。男性の方はもしかして軽い気持ちで言っているのかもしれませんが、聞かれたあなたはそれを重く受け止めて返してみましょう。

「連絡先聞いてくれて、ありがとう。でも私男性と連絡先を交換するということをあまりしたことがなくて・・。なので、少しお時間をいただけませんか?」軽く聞いた男性も、あまりに重い返答が返ってきたことで引いてしまい、それ以上は聞いてこなくなるはずです。

5.先に連絡先を教えてもらってもいいですか?

連絡先を教えることに抵抗があるのであれば、逆に相手の連絡先を聞いてしまいましょう。「連絡先教えてよ」と男性から言われたら「もし良かったら、あなたの連絡先を私に教えてもらうのでも良いのですか?」そう言って連絡先を聞くのです。

スポンサーリンク