仕事が忙しかったり、元彼と別れてしばらく一人でいたかったり、受験が終わったり・・。理由は様々ですが、しばらく恋愛から遠ざかっていた女性が、いきなり恋愛モードに切り替えるのは困難です。もし、無理やり切り替えたとしても、だいたい悪い男に引っかかって後悔します。(特にいきなりの婚活モードは危険・・)

そこで今回は恋愛にご無沙汰な女性のために、恋のリハビリ3箇条を紹介します。正しく恋のリハビリを実践すれば、スムーズに素敵な彼氏に出会えますよ。

スポンサーリンク

これだけ守れ!恋のリハビリ3箇条

しばらく彼氏がいない女性が、悪い男に引っかからずにスムーズに彼氏を作るためには、下記の3つのことを守ってください。

  • 彼氏を作ろうとしない!
  • 目標をデートではなく連絡先交換にする
  • 自分から告白しない

どれも彼氏を作るために逆効果に感じるかもしれませんが、恋愛リハビリ中にこれらのことを心がけた方が結果的にうまくいきます。それでは、ひとつずつ詳しく解説していきます。

彼氏を作ろうと焦るな!

最も失敗しがちなのは、早く彼氏が欲しいからと焦ってしまうことです。これが一番悪い男に引っかかるパターン。久しぶりに彼氏ができたと舞い上がっていたら、すぐに飽きられてポイ!結局、体目的に遊ばれただけなんてことに・・。

そんなことにならないためにも、恋愛リハビリ中は敢えて彼氏を作らないと決めておくことをお勧めします。彼氏を作ろうとしなければ、一人の男性に盲目的に暴走することがなくなります。多くの男性と余裕を持ってコミュニケーションを取ることができるでしょう。

遠回りのように感じまずが、近道を選んで落とし穴にハマるより断然マシです。大切なことなので必ず実践してください。

連絡先を交換すれば合格

久しぶりに多くの男性と関わると、「早くデートしたい!」という気持ちが湧いてくると思います。ただ、悪い男に騙されたり、理想の条件から外れている男性と無駄な時間を過ごさないためにも、デートの前の段階で審査をするはずです。

「今後、彼氏に発展することはないな・・」と思った男性には、飲み会などの席で連絡先を交換しないでしょう。慎重になることはいいですが、これではいつまで経っても恋のリハビリから抜け出せません。

舞い上がってもいけないし、慎重になり過ぎてもいけない。どんなことにも言えますが、恋愛もバランスが大切です。適切なバランスをとるためにも、デートを目標にするのではなく、まずは連絡先の交換に焦点を合わせてください。それも、できるだけ多くの男性と交換しましょう。

「この人ピンとこないな・・」という相手でも、しばらく連絡を取り合って相手のことを知れば印象も変わります。デートと違って、LINEするぐらいなら時間も労力もほとんどかかりません。複数の男性と軽いコミュニケーションを継続していれば、そのうち数人の男性からデートに誘われるはず。そこでようやく重い腰を上げるわけです。

あなたの気持ちも大切ですが、男性が拒否すれば恋愛に発展しません。このように時間と労力をかけずに根気よくお互いを知ることにより、自分のことを気に入った男性を絞ることができます。その中から、「この人やっぱりアリかも・・」という男性とだけデートをすれば、スムーズに相性の良い相手との距離を縮めれますよ。

自分から告白しない

恋のリハビリ中の最後のルール。それは自分から告白しないことです。これも先程のデートの話に通ずるものがあります。久しぶりの男性とのコミュニケーションに舞い上がって失敗しないために大切なことです。

スポンサーリンク