遅い時間に電話がかかってきて何かなと思ったら酔っていた・・。こんなことってありますよね。もちろん、それがどうでもいい相手なら、「迷惑な電話だな」で済みますが、好意を持っている相手なら、「酔って電話してくるのはどういうこと?」と気になるのではないでしょうか?

そこで今回は酔った勢いで電話してくる男性心理を紹介します。

スポンサーリンク

お酒の勢いを借りないと好きな人に電話ができない

酔った勢いで電話してくる男性の心理としては、まずはこれが挙げられます。もちろん、女性としては好意を持っているなら、酔った時じゃなくしらふの時に電話して欲しいのが本音です。

しかし、LINEが主流となった今では、電話するのを躊躇ってしまう男性は多く、酔って大胆になった時ぐらいにしか電話することができません。

特に草食系に代表されるように、女性に対してガツガツいけないタイプなら、好意を持っている女性に電話するなんてできないでしょう。

このように、距離を縮めたいと思っていても上手くできない男性は多いです。お酒の勢いを借りてしまうのは頼りない気がしますが、その人なりの努力として受け止めてあげてください。

飲み会で彼女が欲しくなったから

飲み会で恋バナをするのは何も女性だけとは限りません。男性同士の飲み会でも恋バナは定番の話題です。そこで、テンションが上がってしまい、電話をしてしまう男性もいます。

確かに恋バナをしていると、「誰かいないかな?」と思ってしまいます。そして、電話帳にある掛けやすい女性に電話してしまうのです。

「好きだから」というわけではありませんが、好意を持っていることは事実ですので、こんなケースも好意的に考えてあげてください。

寂しさから誰でもいいから話したい

酔った勢いで電話してくる男性には、こんな人もいるでしょう。確かに飲んだ後の帰りは、飲み会が楽しければ楽しいほど、寂しくなってしまうことがあります。そんな寂しさを紛らわそうとしているのです。

そのため、電話を掛けているのは一人とは限りません。何人にも電話した挙句、出たのがたまたま自分だったのです。何とも迷惑な男性ですが、こんな男性に付き合う必要はありません。

「酔ってるから切るね」と言って早々に電話を切り上げてください。そうでもしないと、また酔った時に電話が掛かってくることになってしまいます。どうでもいい会話をしてきたら、まずこのケースなので気を付けてください。

下心がある場合も・・

酔った勢いで電話してくるぐらいならまだいいですが、深夜にも関わらず「今から会えない?」「今から行ってもいい?」なんて言ってくる男性には要注意です。

もちろん、飲み足りないから誰かに付き合って欲しいことはあります。地元の友達など相当仲がいいのなら、それで女性を誘うこともあるでしょう。

スポンサーリンク