一日の始まりでもある朝。寝起きは爽やかなものにしたいですよね。こんな朝ですが、彼氏と一緒にお泊りした時はどうでしょう?彼の寝起きを爽やかなものにできていますか?

もちろん、朝は誰だって眠たくてつらいです。しかし、それで不機嫌な行動をとっていては幻滅されてしまいます。どうせなら彼氏が喜ぶ行動をした方がいいでしょう。そこで今回は男性が寝起きで彼女にしてほしいことを紹介します。

スポンサーリンク

まずは男性のタイプによって違うことを理解しておく

寝起きで彼女にしてほしいことを考える前に、まずはこれを理解しておかなくてはいけません。寝起きと一言でいっても、それは十人十色です。

起きた瞬間から元気な男性もいれば、低血圧で30分はボーとしなくては起きられない男性もいます。前者ならアクティブな行動をとっても許されますが、後者なら「うるさい!」と言われかねません。

このように、彼氏を喜ばせようと思うなら、それはその人に合ったものにしなくては意味がありません。「これをしたら喜ぶはず」という考えではなく、「彼にはこれかな」という考えで行動してください。それでは次に具体的な例を紹介します。

朝食の用意

寝起きでしてあげられることといえば、まず思い当たるのがこれです。朝食を食べたくないという男性もいるため、その点には気をつけなくてはいけませんが、そうでなければ朝食を準備して嫌な男性はいません。

その分早く起きる必要はありますが、喜んでもらえるなら頑張る甲斐もあります。簡単なものでいいので彼が寝ている間にササッと作ってください。朝が辛ければ夜のうちにある程度準備しておくのもいいでしょう。

もちろん、これはホテルではできませんが、その時はコーヒーをいれるだけでもいいでしょう。きっと、朝から自分のために動いてくれる姿をみて喜んでくれますよ。

着替えの用意

季節や彼のタイプによっても変わりますが、これも寝起きで彼女にして欲しいことの一つです。もっとも、ただ服を用意するだけなら大して効果はありません。

「そのぐらい自分でできる」なんて思われてしまうのがオチです。そのため、ここでは一工夫するのをおすすめします。例えば、冬場なら服を暖めててくれると嬉しいですよね。このように喜んでもらえることをしてください。

もちろん、そこまでする必要はないかもしれませんが、大好きな彼に特別な存在と思われたいのならやって損はありません。これに限ったことではありませんが、彼氏が喜びそうなことをすれば、きっと思いは伝わります。

優しく添い寝

紹介したような準備をしたら、あとはこれです。大好きな彼なら朝から構いたくのは分かります。しかし、朝に弱かったり、疲れている時は、「頼むからもう少し寝かせてくれ!」というのが本音でしょう。

また、二度寝が何よりの幸せという男性は多いです。そのため、パッと起きてこないようなら、ギリギリまで寝かしてあげるぐらいの気持ちでいてください。そして、彼が起きたら「おはよう」と優しく声を掛けるといいでしょう。

朝からガミガミ怒っている女性と一緒になりたい男性はいません。時間がない時は仕方ないですが、時間に余裕がある時はくれぐれもそうならないように気をつけてください。

スポンサーリンク