部屋が汚い男性は珍しくありませんが、彼氏の部屋がそうなのは嫌ですよね。もちろん、彼の部屋である以上、汚くしようが彼の勝手です。しかし、結婚したらそういう訳にはいきません。

「こんな汚い部屋に住んでいる彼と結婚したらどんな生活になるのだろう?」と不安に思う女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は部屋が汚い彼氏と結婚したら覚悟しておくことを紹介します。

スポンサーリンク

なぜ汚れてしまうのか?

部屋が汚い彼氏との結婚生活を想像する前に、まずはこれを考えなくてはいけません。部屋が汚れてしまうのはそれなりに理由があるはずです。

  • 整理整頓ができない
  • めんどくさがりの性格で何でも後回しにしてしまう
  • そもそも綺麗好きではなく部屋が汚れていても気にならない

このようなことが理由で部屋が汚くなってしまったはずです。確かにこれに問題がなければ部屋が汚くなることはありません。掃除するなり、汚くならないように心掛けてくれますからね。

それでは次に、それぞれの理由で覚悟しておくことについて詳しく解説していきます。

物の管理を自分がやるハメに・・

整理整頓ができないから部屋が汚くなるのか、部屋が汚いから整理戦闘できなくなるのかは分かりません。しかし、いづれにしても、こんな彼氏と結婚してしまったら、物の管理を全て自分がやるハメになるのは目に見えています。

もちろん、結婚した当初は「大事な書類はここに入れておく」などある程度はやってくれます。ただ、それも最初の内だけです。整理整頓できないので、そのうちどこに何があるのか分からなくなります。

結果、「自分が管理しておけばよかった」なんてことになってしまいます。管理が得意ならそれでも問題ありませんが、自分、旦那、夫婦の物を管理するのは結構大変です。子供ができれば更にそこに子供の物が加わります。そこは覚悟してください。

掃除の負担が増える

疲れていたり、眠たくてどうしようもない時に面倒なことを後回しにしてしまう気持ちは分かりますよね。「今日はもう無理だから明日やろう」と思ったことは誰にでもあるはずです。

しかし、それが習慣化しているのは問題があります。常に「後で後で」と思っているのでは部屋を綺麗に保つことなどできません。

こんな彼氏と結婚したら、間違いなく掃除で苦労します。「後で片付けとくから」なんて言っていたのに、一向に片付く気配がない・・。これが原因で喧嘩になることもあるでしょう。

このように掃除の負担が増えることはもちろん、それに伴うイライラも覚悟しなくてはいけません。

家事を手伝ってくれない

部屋が汚れていて気にならない男性が、家事を手伝ってくれるとは思えません。料理は別物だとしても、掃除に関しては積極的に手伝ってくれることは諦めてください。

スポンサーリンク