束縛し過ぎて振られてしまった彼氏とよりを戻したい!そんなケースは意外と復縁が簡単である場合があるんです。

別れの理由は数あれど、「束縛」と原因がはっきりしていればアプローチの方法もたくさん。いくつかのキーワードをヒントに、もう一度彼との関係を取り戻していきましょう。

スポンサーリンク

彼のことを考えていない時間も充実させる

本当は復縁したいという思いを胸に秘めていても、あなたの思いをそのままダイレクトに発信しすぎてしまっては、また元の「束縛彼女」というフレーズが彼の頭の中をチラついてしまいます。

束縛が原因で振られてしまったということは、束縛がなくなれば良い彼女だったということも。彼のことで頭がいっぱいだった頃の自分には考えられないような思い切った行動もしてみましょう。

手っ取り早く始められるのは、今まであまり興味がなかった分野の趣味を始めるのが効果的です。特にアウトドア系の趣味を始めると、体を動かすことで脳もリフレッシュ。自ずと彼のことを考える時間も減り嫉妬や束縛から自身も解放されますよ。

あえてクールな自分になってみる

束縛彼女のやりがちな言動といえば、彼氏の飲み会やプライベートの過ごし方に過干渉になってしまうことです。

関心があれば当然そのような態度が多少出てしまうのも仕方がありませんが、ここはあえて「我関せず」くらいのクールさを見せてみましょう。

彼のSNSチェックをしている人は、しばらく一切見ないようにするくらいがいいかもしれません。しかし、あまり慣れていないと本当は知りたくてしかたない彼氏ゆえに、無理をしている様子が伝わってしまうと「やせ我慢している」という印象に。

こうなると演技力が求められてしまうので、むしろ本当にある程度は無関心でいられるように何か没頭できる関心事をいくつかピックアップしておきましょう。単純作業の多いゲームや、何か手作業など没頭できるものがオススメです。

彼氏の交友関係に関して口を出さない

束縛が原因で別れた場合、LINEの返信が遅かったり飲み会で帰りが遅くなった時に、不機嫌な態度をとってしまったことはありませんか。

せっかく友達と楽しい時間を過ごしてきた後に、そんな態度をとられてしまっては、彼氏もうんざりしてしまいます。

そんな口うるさい彼女はもういないと安心させてあげられるような態度を常日頃から心掛けていると、復縁した後の関係性もイメージしやすいでしょう。

「スマホ見せて」といった発言はもってのほか。自分の友達に紹介したがる男性もいますが、真逆のケースも多いので、自分と違う世界観であることを前提に向き合っていきましょう。

常にポジティブ思考

束縛しがちな女性はどうしても疑心暗鬼になってしまい、不安や恐怖、孤独感といった感情が強くなってしまいます。そうすると表情も暗くなり、言動もどうしてもマイナス思考な発言ばかりに。

スポンサーリンク