何もしないのが正解!復縁の最も有効的な手段といえばズバリ待つしかありません。あれこれしてみたところで、かえって逆効果なんてことも…。何もしない方が良かったという結果になりかねません。

「考えるよりもまずは行動」というパターンが復縁に限っては当てはまらない…その理由を以下に挙げていきましょう。これを読めば、信じて待つことも大切だと分かりますよ。

その行動が迷惑でしかないということ

復縁を考えている女性は、良かれと思って付き合っている時以上に献身的になったり、甲斐甲斐しく世話を焼こうとしたりする方もいらっしゃいます。

しかし、交際中にそのような態度ではなかった場合は、お相手にとっては「何を今更…」としか思えません。

復縁したい男性が女性に指輪などのプレゼントを寄越すのと同じように、その時に全力で向き合えなければ意味がありません。

それならば、かえって何もしない方がいっそすがすがしいというもの。時間もお金も無駄にしない、まさにシンプルな王道スタイルといえるでしょう。

まさかのストーカー認定!?

偶然を装って出くわしてみたり、彼と会う機会を増やしてみたりと直接的なアプローチから、SNSで頻繁にコメントを残すなどの行為も控えた方が良いでしょう。

一度終えた恋愛ですので、一度全てをシャットアウトする方がほとんどです。向こうがブロックしていないからといって、「いつでも連絡をしていい」というサインではないのでご注意を。

第三者の目があるところでアピールを繰り返していると、「ちょっとストーカーっぽい」と噂されてしまうということも。

人気のある男性なら、ライバルもたくさんいらっしゃるかと思いますので、そうした周囲の方からあまり良い印象は持たれないでしょう。

自分のイメージも低下してしまう

復縁をしたいと内心思っていても、あまり公に出さない方が良いでしょう。

適度に未練があることをアピールできれば問題はありませんが、重い内容をSNSに投稿したり、「失恋してよりを戻したい女全開」というのは、ちょっと痛々しいことも多々あります。

大人女子の恋愛は過度に引きずらないことが鉄則です。もともとクールな印象の方は「意外にメンタル脆い人?」と思われてしまいますし、明るくて可愛らしい印象の方も「結構執念深いのかな…」と思われてしまったり。もとのイメージよりも大幅にダウンしてしまうかもしれません。

いい思い出までも壊してしまいかねない

そして、彼の方もきっと出会ったころの初々しい気持ちや楽しかった記憶もきっとあることでしょう。そんな楽しい記憶や大切にしたい思い出までも、あれこれ余計なことをしてしまうせいで「忘れたい人」になってしまうのはもったいないですよね。

RECOMMEND PR