この人のことが良いと思って付き合ったのに・・・。付き合いが長くなると、その人のネガティブな面も見えるようになってきて、思っていたのと違うと感じてしまうこともあるかもしれません。

完璧な人間など存在しないので、それはしょうがないことだと思います。もちろん彼氏を見下すようになってしまった自分を卑下する必要もありません。

今回は昔は仕事もできるし、大人な彼氏だと思っていたけど、最近だんだん尊敬できなくなり、見下すようになってしまった自分を変えたいと思っている女性のため、彼氏を見下す心理やその改善法を紹介していきます。

 

実は当初「価値観が異なる」カップルの方が長続きする

実は「お互いが似ている」カップルよりも、「お互いが似ていない」カップルのほうが、長期的に関係が続くことがわかっています。

理由はお互いに相手を理解しようと努力するからです。そして自分と相手の違いについても許す姿勢を持つことができるため、衝突することも避けられます。

原因はお互いの歩み寄り

価値観がマッチしていて意気投合するということも、付き合いを始めるためにとても良い理由だと思います。やはり自分の趣味が好きなことを理解してくれる相手のほうが嬉しいものです。

しかし、ここで気を付けて欲しいこととしては、自分と相手では似ているかもしれないが、やはり違う人間であるという意識を持たなければいけないということです。

お互いが似ているという先入観があるからこそ、「きっと分かってくれる」と勝手に期待してしまうこともよくあります。

知らず知らずのうちに相手を理解しようという歩み寄りの意識が無くなってしまうものなのです。だからこそ自分の思い描いているイメージと実際の彼との間に差が生じてしまい、それが見下す要因となってしまっている可能性があります。

ランダム性を持ってみる

気が向いたときにだけ、彼氏の世話をしてあげるようにしてみましょう。たとえば日課や曜日指定で彼に手料理を振舞うということはせずに、なんとなく今日は料理してみたいから作ってみたくらいな感じが良いでしょう。

義務で世話を焼いても楽しくないし、習慣化されてしまったことには刺激は感じることができないので、付き合いを楽しむことができなくなってしまいます。

そして尽くされる彼氏の方も、その有難みを感じづらくなってしまい、やってもらうのが当たり前というようになってしまいます。

ランダム性をもって付き合う方が刺激を受けて楽しいということもありますが、彼氏のほうも感謝の気持ちを持ち続けることができるので、あなたに好かれようと何かしら頑張り始めるはずです。そうなれば以前の魅力のある彼に戻っていくはずです。

言葉の表現を替えて遊ぶ

おそらく彼氏のことを見下すようになってきたということは、かなりその彼氏のネガティブな面も見えてきたということでしょう。ここで行って欲しいこととして、彼氏の特徴をノートに書き出してみるということがあります。

RECOMMEND PR